同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 関学撃破!!:バドミントン部
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
インカレに向け好発進
ジュニア部門優勝
'19夏の展望「...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
関学撃破!!:バドミントン部
2019/05/09 HEAD LINE NEWS

2019年度関西学生バドミントン春季リーグ戦大会 (2019年5月3日)

 5月3日、龍谷大学深草キャンパス(京都府)で関西学生バドミントン春季リーグ戦大会が行われた。リーグ戦3日目を迎えたこの日は関西学院大学と対戦。総計3-2で勝利した。前節に続き連勝。これでリーグ戦3戦2勝1敗となった。

 この日同志社はシングルスの順番を変更。第3シングルスにエースの長町(商3)を出場させ、確実に勝利できる方法を狙った。そこで第1シングルスには山部(商1)が出場。「強い相手で、今まで勝てたことがなかったので勝てて良かった」と山部(商1)は語ったが、21-13、21-19と共に快勝。先手を取ることに成功する。

勝利し、ガッツポーズをする山部

 第2シングルスでは松本(スポ4)が出場。期待がかかる試合だったが第1セットに連続7ポイントを取られるなど、終始相手にペースを掴まれ、11-21、15-21と惨敗した。

 第1ダブルスではチームの主力、長町・長丸(文情3)ペアが出場。しかし第1セット、10-21でのまさかの完敗。ただ、簡単にやられる訳にはいかなかった。相手の勢いに飲まれることなく、第2セット開始早々連続5ポイントを取得。しかしミスが目立ち、迎えた19-17ポイント。連続スマッシュで見事2ポイントを取り、リードを許さないまま21-17で同点に持ち込んだ。最終第3セット、熾烈な争いを繰り広げた。同志社は序盤に得点差を広げるも、すぐ追いつかれ同点に。そのまま点の取り合いが続くが最後はなんとか逃げ切り21-19で終え、逆転勝利をもぎ取った。

逆転勝利を収めた長町(左)と長丸(右)

 藤村(商4)・山部ペアは第2ダブルスに出場。勝てば試合が決まる試合だった。しかしそう甘くはなかった。第1セット第2セット共に13-21で敗北。「守りながらも攻めたい」(山部)と課題も明白になり、勝負は第3シングルスまでもつれ込んだ。

 
第2ダブルスに出場した山部(左)と藤村(右)

 最終セットは主将・長町のシングルス。1セット目の出だしが悪く、17-21で黒星を喫する。しかし第2、第3セット、「勝たないとチームが負けっていう状態で、自分らしいプレーができた」(長町)とそこから鋭いスマッシュが炸裂。圧巻の強さを見せつけ、第2、第3セット共に21-7で完勝。そして試合終了。

スマッシュが決まり喜ぶ長町

 「何が何でも関学に勝って明日からの連戦を迎えたかった」と長町(商3)が振り返るように、計3-2の接戦で勝利したバドミントン部女子。次戦につながる結果を出した。4日目となる次戦は天理大。先日の京都学生バドミントンリーグでも対戦し、勝利するも厳しい戦いを強いられた。この勢いを止めることなく、次戦も連勝に期待がかかる。(岩木博哉)

〇試合結果詳細〇
S1 山部(商1)☆2(21-13,21-19)0
S2 松本(スポ4)★0(11-21,15-21)0
D1 長町(商3)・長丸(文情3)☆2(10-21,21-17,21-19)1
D2 藤村(商4)・山部★0(13-21,13-21)2
S3 長町☆2(17-21,21-7,21-7)1
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について