同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 4連勝!インカレ予選決勝へ進む【ソフトボール部男子】:ソフトボール部
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
インカレに向け好発進
ジュニア部門優勝
'19夏の展望「...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
4連勝!インカレ予選決勝へ進む【ソフトボール部男子】:ソフトボール部
2019/05/10 HEAD LINE NEWS
京大0001002-------3
同大003220X-------7

関西学生ソフトボールインカレ予選 (2019年5月4日)

5月4日、なみはやグラウンド(大阪府)にて男子ソフトボールインカレ予選2回戦が行われた。対峙したのは同志社と同様に2部ブロックを3位通過の京大。攻守ともに流れを引き寄せ7-3で勝利をつかんだ。


同志社は土俵際を踏ん張っていた。相手の攻撃に押され毎イニング出塁を許し、苦境を耐えなんとか無失点に抑える回が続いた。3回表、相手に2本のヒットを打たれ2死二三塁。ピンチに追いやられるも、先発・谷下(経3)は土壇場で勝負強さを発揮し最後を三振で仕留めた。「根本的にゼロ(無失点)でいこうと思っていた」。京大に押され気味だった空気を、耐えの力投で断ち切る。


力投する谷下


両者無得点で迎えた3回裏。初回から波に乗れず攻撃のリズムを作れなかった同志社だが、序盤からピンチを凌いだ谷下に応えるべく気合いが入る。先陣を切ったのは1年生の高橋尭(商1)だ。ライトへの鋭い打球で芯をつかみ、セカンドベースを踏む。フルスイングで同志社打線を奮い立たせた。続く矢来(スポ3)、須賀(経3)が先輩としての意地と言わんばかりの安打を放つ。この回3点を入れ、機先を制した。 


長打を放つ高橋尭


全打席出塁した矢来


ここから打撃陣は緊張の力みが抜け、本領を発揮し始める。4回京大に1点を許すも、試合の主導権は渡さない。その裏すぐに、先頭打者・高橋海(商2)の安打から始まり、高橋尭のタイムリースリベース。更に小澤(社4)の内野安打で確実に追加点を入れ、点差を4点に拡げた。


勢いづいた同志社はそのまま止まることなく、5回に畳み掛けるような2点を加え、7点の大量得点で京大を制した。この試合3本の長打を放った高橋尭はこれからの活躍に期待が高まる。ルーキーも頭角を現し、選手層が厚く全員が幅広く活躍できるチームであることを証明した。次はインカレ予選決勝、1部の相手との対戦が待っている。3年生・矢来は「みんな先輩が大好きなんで、先輩と長くやりたい。」と4年生への思いを口にした。対して主将・小澤は「十分みんなよくやってくれた。(決勝は)気負わず楽にやってほしい」と後輩への感謝を話す。それぞれの違う思いを抱えている。ただ全員望むのは勝利だけだ。ベストを尽くし、待ち受ける高い壁を打ち砕け。

(文責:藤田彩花 撮影:赤地貴音)








同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について