同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 「あと1本がでない」…課題見つかり次の舞台へ:バドミントン部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
格上相手に3失点[サッカー...
反撃惜しくも敗北を喫す
4年生が語る主将、チームへの思い
眞壁更紗・富田真結
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
「あと1本がでない」…課題見つかり次の舞台へ:バドミントン部
2019/05/11 HEAD LINE NEWS

関西学生バドミントン春季リーグ戦大会 (2019年5月5日)

5月5日、関西大学千里山キャンパスで関西学生バドミントン春季リーグ戦大会が行われた。同志社は京産大と対戦し1-3で敗戦。この大会を6位で終える結果となった。


春季リーグ最終日、勝利で締めたい同志社。最初にコートに立ったのは岩永(商4)だった。1ゲーム目、相手に粘られるも、意地を見せて23-21で勝利。2ゲーム目もショットが冴え、21-13で白星を飾った。第2シングルスは主将の藤田(文情4)が出場。最初のゲームは相手の勢いに押されて18-21でおとす。第2ゲーム、ショットをコートに散りばめ、相手を揺さぶる。21-13で試合を振り出しに戻した。勝負の第3ゲーム、前に出てリズムをつかもうとするも、力及ばず敗戦。1勝1敗となり、勝負の行方はダブルスのペアに託された。



接戦に敗れた藤田(文情4)



第1ダブルスには岩永(商4)・中里(理工4)コンビが臨んだが、勝負どころでショットの精彩を欠き黒星を喫した。勝つにはもう後がない第2ダブルス。伊藤(スポ2)・前川(心理2)コンビが挑んだ。第1ゲームを先取するも、2ゲーム目、3ゲーム目を相手にとられて敗戦。前川は試合後、「最後競った場面で押し切れなかった」と悔しさを滲ませた。



岩永(商4)・中里(理工4)ペア。この日はリズムをなかなかつかめなかった。



あと1本が遠かった伊藤(スポ2)・前川(心理2)ペア



春季リーグを6位で終わった同志社。しかし、「チームが勝ち上がるために、もう紙一重、あとちょっとのところまできてる」と主将は手応えを感じている。今大会は普段、ベンチを温めている選手が試合に出場するなどポジティブな面も見せた。課題は重要な場面でのショットの精度。次の大会までに経験を重ね、「勝ち癖」を身につけたい。1歩ずつ前へ進み、やがては頂点へ。同志社は日本一へ向け、歩みを止めない。(上辻創太)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について