同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 惜しくも選手権初戦敗退:準硬式野球部
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
インカレに向け好発進
ジュニア部門優勝
'19夏の展望「...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
惜しくも選手権初戦敗退:準硬式野球部
2019/05/14 HEAD LINE NEWS
関大堺102000000-----3
同志社000000010-----1

関西地区大学準硬式野球選手権大会 (2019年5月13日)

5月13日、大阪シティ信用金庫スタジアムにて関西地区大学準硬式野球選手権大会1回戦が行われた。同志社は関西大学人間科学部と対戦し、1-3で惜敗し、初戦敗退となった。

「主導権を握らないといけなかった」(佐藤唯)。準備不足が原因となり、主導権を握られてしまった。

先発を務めた佐伯(スポ1)

「1番に警戒していなかった」(佐伯・スポ1)。佐伯は1回、1番打者にいきなり安打で出塁を許すと4番打者に右中間適時打を放たれ、瞬く間に先制を許す。動揺を隠しきれず3回、上位打線からの連続安打でさらに2失点を喫した。その後、佐藤大(社3)からの助言により気持ちを立て直し6回まで投げ切った。

継投を任されたのは加藤佑(スポ4)。「途中から投げる気持ちの準備はしていた。球威も上がってきている」春リーグ同様、危なげない投球を見せ、3イニングすべてを3人で締めた。安定した投球が持ち味の加藤佑は今後の負けられない戦いの重要な戦力となる。

無失点に抑えた加藤佑(スポ4)

序盤で失点し、巻き返しを図る同志社打線だったがもどかしい展開が続いた。低めに集める投球が続いたが、対応しきれず7回まで無得点。ついに8回に小松(社3)が相手のエラーを誘い出塁。佐藤大が左前適時三塁打によって待望の1点を獲得する。しかし後続が倒れ、惜しくも敗北となった。


4年生が反撃を試みるも抑えられ、悔し気な表情を見せた

「負けたらいかんじゃなくて楽しんでいきたい」(佐藤唯)。全日本への希望は途絶えてはいない。周到な準備と強い気持ちで相手を圧倒し、厳しい戦いを勝ち上がる。(久保友紀恵、撮影:内藤界)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について