同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 格上相手に3失点[サッカー部女子]:サッカー部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
’19ルーキー特集:坂東里...
’19ルーキー特集:岡部哲...
関西選手権でのスーパーシー...
予選通過!
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
格上相手に3失点[サッカー部女子]:サッカー部
2019/05/25 HEAD LINE NEWS

関西学生女子サッカー春季リーグ2部第3節 (2019年5月19日)

519日、同志社大学京田辺キャンパスグランドにて、関西学生女子サッカー春季リーグ2部第3節が行われた。大阪国際大と対戦。0-3で敗戦し勝ち点を得ることはできなかった。


 スターティングメンバー


相手は、1部リーグから降格してきた大阪国際大。前節とは打って変わって、苦しい試合展開となった。「受け身になりたくない」(監督)と試合前から相手の特徴を分析。主導権を握るための準備をしてきた。そして、怪我の影響から3節目にしてフル出場を果たした、チームの要である竹田も加わり格上相手に挑んだ。

立ち上がりから両者とも攻め合いが続く。相手陣地にボールを運び、チャンスを掴むも決めきれず。相手に攻め寄られると必死にボールに食らいつき全力で守備に回った。

しかし前半33分から試合が動く。右クロスを頭で合わせられ、ボールがゴールに突き刺さる。と同時にオフサイドフラッグが上がり、絶体絶命の危機を乗り越えた。選手たちの顔には安堵の表情。それもつかの間、38分にはDFの間をうまくすり抜けられGKと1対1に。GKもうまくかわされ先制点を許してしまった。そのまま前半が終了。

 

相手を交わそうとしている竹田(文情2)

 

1-0で迎えた後半。「八木は前に出る力、ボール奪取能力があると思う」(監督)と、増田(スポ2)から八木(経3)へ選手交代を告げた。ボールを奪わないと攻撃は生まれない。

後半8分には、竹田がロングシュートを試みた。惜しくもゴールの上に逸れて行ったが、相手に危機感を与えた。しかし、それ以降はなかなか攻め込むことができず、守備の時間が徐々に長くなっていった。そして17分、またもや大阪国際大に追加点を許す。対して同志社も反撃を試みるが、ボールが足に収まりきらずシュートを決めきれない。失点をこれ以上増やしたくないところではあったが、ロスタイムに再び1点を追加され、3失点で試合が終了した。

 

試合終了時の選手たち


自分たちのやりたかったことが全くできなかったわけではない。「結果をしっかり受け止めて、次につなげたい」(監督)。

目の前の目標である入れ替え戦に進むためには、勝つしかない状況に追い込まれた。次の1節を勝てば目標はぐっと近づく。負けられない試合。勝ち点3にこだわって全員で勝利を掴みにいく。(文責・大石きらり 撮影・宇佐美義人)

 

 

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について