同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 現在首位の意地見せつけられ黒星発進:硬式野球部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
’19ルーキー特集:坂東里...
’19ルーキー特集:岡部哲...
関西選手権でのスーパーシー...
予選通過!
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
現在首位の意地見せつけられ黒星発進:硬式野球部
2019/05/25 HEAD LINE NEWS
立命大104001000-----6
同大102010000-----4

関西学生野球連盟春季リーグ戦 (2019年5月25日)

5月25日にわかさスタジアム京都(京都府)にて行われた関西学生野球春季リーグ第8節対立命館大1回戦、同志社は6-4で惜敗した。初回に先制されると流れをつかまれ、終始劣勢に立たされた。必死に追い上げを見せるも、あと一歩及ばず、最終節は黒星スタートとなった。

悔しむ片岡


伝統の一戦は、ここまで4勝を挙げている髙橋恭(経2)が期待を一身に背負いマウンドに上がった。立ち上がり、先頭打者に対し打ち取ったかに見えた打球をサードがエラー。ノーアウトから出塁を許すと、関西一のスラッガーとの呼び声高い橋本和(立命館大)のライトの頭上を越える適時三塁打で先制点を献上した。髙橋恭は「いつも通りで行きたかったけど、気持ちが浮ついてる部分があった」と唇をかんだ。

同点に追いつき栗林とハイタッチを交わす杉内


しかし、同志社も負けていない。2アウトから主将・杉内(法4)がヒットで出塁すると、松本(スポ4)、片岡(経3)がヒットを放ち、すぐさま同点に追いついた。「全然結果が出てなくて、最後ということもあるので、結果出したいなと思ってました。」(片岡)

反撃を試みる松本


同点で迎えた3回表、またもやエラーで出塁を許すと、犠打や連打で1点を追加される。「球が高めに浮いて、それを打たれてた。」(髙橋恭)さらに、一死2・3塁の場面で相手四番打者のヒットをレフトがエラー。六番打者にも適時打を浴びると、この回一挙4失点。大きくリードを広げられる。

その裏、なんとか反撃に出たい同志社はリードオフマン小川晃(商3)がノーアウトから出塁すると、杉内がこの日2本目のヒットでチャンスを演出する。このチャンスで片岡の放った打球を相手一塁手がエラー。勝利への執念が実を結び2点を返す。さらに、5回にも1点を返し、1点差にまで追い上げ後半戦へ突入した。

チーム1の打率を誇る杉内


それでも、流れを譲らないのが王者立命館。6回表に髙橋恭に代わって、好調の道端(法1)がマウンドを任されるもダメ押しとなる追加点を喫した。なんとか同点に追いつきたい同志社であったが、最後まで好投手・坂本(立命館)を打ち崩せず、完投負けを喫した。

バッテリーに声をかける澁谷監督


同立戦で勝ち点を取るには、残りの2試合を連勝で終えるしかなくなった。明日の2回戦に向け「できないことをやろうとするのではなく、当たり前のことをできるようにする。」と意気込みを見せる杉内の目には闘志が宿っていた。最終節、同志社の”繋ぎの野球”が見られることを心待ちにしたい。(文責:川瀬 蒼、撮影:岡本莉奈、内藤 界)


スタメン

(一)小川晃

(二)工藤(文4)

(三)杉内

(四)松本 

(五)片岡 

(六)栗林(スポ3)

(七)四川(社3)

(八)本間 (スポ3)

(九)髙橋恭


バッテリー

髙橋恭、道端、西村(法2)ー栗林

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について