同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 延長12回にまで及ぶ激闘を制せず:硬式野球部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
沖縄大を撃破‼大差をつけて...
各々の記録向上へ
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
延長12回にまで及ぶ激闘を制せず:硬式野球部
2019/05/27 HEAD LINE NEWS
同志社000000210000--3
立命大100100100001x--4

関西学生野球連盟春季リーグ戦 (2019年5月26日)


526日にわかさスタジアム京都(京都府)で行われた関西学生春季リーグ第8節対立命大2回戦。初回に先制され、その後も追加点を許し、リードを奪われる。終盤にヒットや相手のエラーで同点に追いつき、延長戦にもつれ込んだ。最後は押し出し四球で、無念の幕切れ。同志社は3-4で敗北した。



幕切れの瞬間



同立戦を制すには、2連勝するしかない。背水の陣で臨んだ一戦。マウンドに上がったのは難波(社4)だ。初回は制球難に苦しんだ。先頭打者にヒットを打たれ、ワイルドピッチで先制点を許してしまう。すぐさま追いつきたいところだったが、有村(立命大)の投球がそうはさせない。3回までランナーを1人も出さない投球で同志社打線を完全に封じた。



5回2失点の難波

 


2点ビハインドで迎えた7回表、先頭の小川晃(商3)が初球をレフト前に弾き返し、反撃の狼煙をあげる。続く工藤(文4)がバントを決め、チャンスを作りだす。1死二塁の場面で、打席には主将杉内。セカンドのエラーで、一気に本塁まで小川が走り、1点を奪った。その後相手のワイルドピッチで杉内がホームインし、同点に追いついた。7回裏にすかさず1点を返され、またしてもリードを許す。だが、8回表に先頭の本間(スポ3)が出塁し、二番工藤の執念のタイムリーヒットを放つ。粘りの野球で相手に食らいついていく。その裏には、1回戦で先発として投げた髙橋恭(経2)が登板。3人で抑える圧巻の投球を見せる。互いに得点を挙げれず、試合は延長戦に入った。



ガッツポーズをとる本間


ヒットを放ち、笑顔の山内



代わった糸井(立命大)を捉えきれず、もどかしい攻撃が続く。対して髙橋はヒットを打たれても、カットで粘られても、気迫の投球で相手をねじ伏せる。そして12回裏、先頭を三振で打ち取り、続く二番にヒットを打たれ、1死一塁とする。迎えた五番の打球はショートへ。二塁に投げるも送球が逸れ、1死一、三塁のピンチをとなる。六番を申告敬遠し、1死満塁。立命大の応援がさらなる盛り上がりを見せる。「ここで負けになったとしても、誰も責めないから思い切っていけ」と杉内が声を掛ける。髙橋恭は全身全霊で投げた。「メンタルの部分の弱さが出た」(髙橋恭)。力投及ばず、押し出し四球でサヨナラ負けを喫した。



気迫あふれる投球を見せた



「もう少し押し切ることが出来ればよかった」(澁谷監督)。あともう一点が果てしなく遠かった。勝ち切る強さがこれから戦ってく上で必要となるに違いない。3に終わった春季リーグ。「与えられた時間で真剣に練習に取り組み、個々のレベルを上げて、秋優勝したい」(杉内)。悔しさを力に変え、最後に笑うのは同志社だ。(文責:佐々木太一、撮影:大石きらり、内藤界)


スタメン

(一)小川晃 

(二)工藤 

(三)杉内

(四)松本

(五)城下(法2)

(六)片岡(経3)

(七)四川(社3)

(八)本間 

(九)難波


バッテリー

難波、西村(法2)、道端(法1)、髙橋恭ー城下、栗林(スポ3)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について