同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 掴んだ!西日本の頂点:剣道部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
明暗を分ける優勝
'19ルーキー特...
’19ルーキー特集:麻生汐...
リベンジ果たし全国4位
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
掴んだ!西日本の頂点:剣道部
2019/06/03 HEAD LINE NEWS

第64回西日本学生剣道大会・第34回西日本女子学生剣道大会 (2019年5月26日)

5月25、26日に第64回西日本学生剣道大会・第34回西日本女子学生剣道大会が久留米アリーナ(福岡県)にて行われた。西の王者を決める今大会。各大学の威信をかけ選手たちは競い合い、2日間にわたり熱戦が繰り広げられた。


大会1日目。女子団体は初戦から熱戦を繰り広げた。2対2、同本数で代表戦での勝負。

チーム全員の思いを託されたのは渡曾結(政策4)だ。ここで負ければ終わり。そんな場面でも決して臆することはなかった。勝負は一瞬で決した。初太刀、相手が面の飛び込んできた所に出小手で一本。見事勝利を収め、2日目へ臨みを繋げた。

整列をする女子チーム


男子団体も負けていない。初戦、2-2本数勝ちで勝利すると、2回戦では7-0という圧倒的な強さを見せつけた。


2日目。女子は第2試合に出場した。相手は強豪、別府大。勝敗の行方は大将戦までもつれ込む。お互いに一本が欲しい場面、大将同士激しい攻防が続いた。だが相手に先に面を取られると、そのまま取り返すことが出来ず惜敗した。北田は大会後「全員が勝ちたいという強い思いをもち、良い緊張感を持った雰囲気で取り組めた。関西大会では勝ち上がりたい」とすでに前を向いていた。今大会、女子は2回戦で敗退したもののチームの団結力を見せてくれた。北田主将を中心にチームが一つとなり、更にその団結力を高めていってほしい。

相手に面を打たれる北田(政策4)



男子は順調に勝ち進み、準決勝で九州学院大を相手に4-1で勝利を収める。「一つ一つ目の前の一戦に全力を出すことを意識していた」(横藤 スポ4)

決勝戦、選手たちが夢見てきた西日本優勝まであと一勝だ。相手は女子チームが敗れた別府大。決勝戦のために設置された特設の中央コートに会場中の視線が集まった。

決勝戦入場をする選手たち



先鋒の山下(商3)は引き分けに終わるもののチームに勢いをつける試合運びを見せる。続く稲葉(生命3)、黒川(法4)も惜しい機会を多く作るが、審判の旗が重くなかなか決めきれない。0-0で迎えた中堅戦。決めきることができないという流れを断ち切ったのが中村(社2)だ。得意の飛び込み面で相手から先に一本を奪うと、二本目も合い面で勝利した。

一本を決める中村(社2)



三将の長田も常に自分から仕掛ける攻めの剣道で、相手の隙を狙い飛び込み面を決める。だが相手も負けていない。長田から面で一本を取り返すと、合い面で勝負に出る。わずかに相手の方が速く惜しくも敗れた。副将はここまでチームの勝利に貢献し続けてきた久能(商2)だ。ここで一勝し大将戦へとつなげたかったが、お互い一歩も譲らない互角の勝負を見せ引き分けに終わった。


1(3)-1(2)で迎えた大将戦、引き分ければ同志社の優勝が決まる。勝負は赤池に託された。「もうやるしかなかったので、なにがなんでもがむしゃらにでも勝って、チームの勝利につなげたいっていう気持ちだった。」この日調子が悪くあまり勝てていなかった赤池、試合中盤相手に飛び込み面を打たれ一本を奪われる。盛り上がる相手側のベンチ、だが赤池は無心だった。「どうやったら一本返せるかとかじゃなくて、勝手に体が動いていた」

二本目という合図とともに赤池の反撃が始まる。例え相手が攻めてきても落ち着いて、確実に機会を狙う。赤池はチャンスを無駄にしなかった。引き面で相手が下がり、不用意に出てきた所を合い面。審判の旗が3本一斉に上がった。会場がどよめき,同志社側のベンチから拍手と歓声が沸き起こる。ピーいう笛の合図。5分間の激闘が終わりを告げた。チームの勝利のため死力を注いだ赤池の剣道には誰もが心を揺さぶられたであろう。

面を打つ赤池(政策3)


閉会式後には肩をを組み、最高の笑顔でカレッジソングを歌う部員たちの姿があった。誰か一人でも欠けていれば勝てなかったまさにチーム一丸となり掴み取った優勝だった。来年は挑戦者でなく王者として大会に挑む。更に成長し、一回り大きくなった姿で王者の貫禄を見せつけて欲しい。(鈴木有利紗)

笑顔を見せる剣道部員たち


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について