同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 西日本準V!チームワークで掴んだ勝利:相撲部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔しさ残る地力負け[ハンド...
つかんだ最高の結果!
'19秋の展望「...
2019年度秋季リーグ開幕...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
西日本準V!チームワークで掴んだ勝利:相撲部
2019/06/03 HEAD LINE NEWS

第93回西日本学生相撲選手権大会 (2019年6月2日)

62日に堺市大浜公園相撲場(大阪府)で行われた西日本学生相撲選手権大会。団体戦準優勝に加え、個人戦では同志社から2人がベスト8まで進んだ。


開会式で礼をする選手たち


4年前には優勝したものの、近年3位で停滞していた今大会団体戦。シーズン明けから西日本優勝を掲げ、稽古に励んできた。再び「強い同志社」を取り戻せるか。


一回戦の立命大戦では攻防乱れたもののチームワークを発揮し、3-2で制した。

続く2回戦は対九情大。昨年は完敗した相手なだけに、選手の熱量は自然と増した。先鋒戦トゥルトクトホはチームに勢いをつけたいところだったが立ち合いから一気に突かれ、黒星。そこから互いの取り合いが続き、副将戦までで2-2と譲れない状況に。ここで勝てば優勝に近づくことは確実だ。大将の竹林(スポ4)に期待が寄せられた。土俵に上がった竹林の心は決まっていたようだった。審判の合図で、迷いなく即座に拳をつき、体勢を整える。覇気に満ちた表情で、立ち合いから勢いよく繰り出されたひと突きは力強く相手を仕留めた。強豪相手さることながら、勢いで負けることなく竹林は白星でチームに貢献した。


気合の入った表情で土俵に上がった主将・竹林(スポ4)


3回戦対愛学大は5-0で確実に決めた。

4回戦、相手は昨年王者の近大だ。彼らに勝たなければ優勝は見えない。先鋒トゥルトクトホ(社4)は相手の素早い立ち回りと強い押しに負け、土。暗雲立ち込めたが、二陣戦、田中(法4)が一気に押しにかかり星を取り返す。しかし、中堅戦、副将戦と両者攻防が続き、またも2-2で大将戦を迎えた。会場に緊張が走る。竹林も期待に応えるべく奮闘し、起死回生を思わせる場面を展開。しかし相手のパワーに一歩及ばず、惜敗となった。

最終戦の朝日大戦では4-1で勝ち数を多く挙げ、点数を稼いだ。この結果、4117得点で近大に次ぎ準優勝を掴んだ。


団体戦での田中(法4)


団体戦でのデミデジャムツ(神1)


個人戦では、4回生2人がベスト81年生で新人戦でも活躍した川畠(社1)がベスト16まで残るなどの結果を残した。

川畠の2回戦、シードで上がってきた菊川(愛学大)と対戦。立ち合いで相手が一気に押してきたのを正面から受け、土俵際へ追いやられる。しかしその反動を上手く生かし、上手投げに成功。「団体戦で出れなかった分、個人戦では自分の力を発揮しようと頑張れました。」(川畠・社1)優秀選手が揃う中での1年生の奮闘に、同志社サイドは大きく湧いた。


個人戦、相手を持ち上げ白星をあげた川畠(社1)


竹林とトゥルトクトホは4年生としての意地を見せる試合を展開。

竹林は初戦、2部トーナメントで勝ち上がってきた小西(東海大)を相手に、土俵際まで寄りつめられ、押し倒されたかと思った。しかし寸前で叩き込み、一回戦突破。その後も白星を重ね、ベスト8まで登りつめた。

一方トゥルトクトホは、前回の和歌山大会で個人戦ベスト8を成し遂げており今回はそれ以上の順位を狙う。以前から肩を痛めていたが、確かな技術力で相手を圧倒。竹林に続き、ベスト8まで勝ち進んだ。

迎えた準々決勝。あと一勝すれば3位以上が決定する。竹林、トゥルトクトホの相手はどちらも団体戦で唯一黒星を喫した近大だ。緊張した空気が漂う。しかし表彰台への壁は厚かった。「勝つのは厳しい相手ってことは分かっていたけれど、ここまできたらメダルが欲しかったっていうのが本音です。」(竹林)必死の表情で相手の回しを取りにかかるが、相手のパワーに勝てなかった。

トゥルトクトホも相手の圧倒的なスピードには敵わず、寄り切られて土に。

西の強豪近大には個人戦でも及ばず、同志社はベスト8でトーナメントから姿を消した。


個人戦3回戦でのトゥルトクトホ(社4)


目標だった西日本優勝にはあと一歩届かなかったが、3年連続の3位から1つ順位を上げたこの功績は大きい。先輩も後輩も各々の立場でチームを思い、補い合っている。デミデジャムツ(神1)は一年生で唯一の団体戦メンバーでありながら、団体戦では全勝した。「自分が取れなかった分まで、後輩が頑張ってくれた。チームワークが良かったと思う。」(トゥルトクトホ)

また、個人戦でも表彰台こそ届かなかったものの、2人がベスト8まで進出したことは各々の力が増している証だろう。

チームワークの向上が選手それぞれの実力にも繋がり、それがまたチームに還元される。強さの基盤は固まったようだ。今回の結果に一喜一憂せず、さらなる高みを目指して同志社相撲部は歩みを止めない。(小松夕夏)


表彰式後の部員たち

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について