同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 西日本勝ち上がれず:バスケットボール部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
’19ルーキー特集:坂東里...
’19ルーキー特集:岡部哲...
関西選手権でのスーパーシー...
予選通過!
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
西日本勝ち上がれず:バスケットボール部
2019/06/05 HEAD LINE NEWS

第69回西日本学生バスケットボール選手権大会 (2019年6月4日)

6月4日にエディオンアリーナ大阪で行われた第69回西日本学生バスケットボール選手権大会、対九国大。62-76で敗北を喫し、初戦突破とはならなかった。


試合開始。


序盤からペースをつかめなかった。シュートチャンスが得点につながらず、苦戦。パスミスやスティールから失点する場面も見られた。得点に大差はないものの、上手く流れをつかめず第1Qを終える(同志社7-10九国大)。


第2Q開始早々、相手のパスカットからの速攻が決まる。すかさずタイムアウトを取り立て直しを図るが、相手の勢いは止まらない。中盤は古村(商4)の気迫あるパワープレーや万久里(政策3)のミドルシュートで得点を重ねる。終盤に差し掛かり、シュートがリングに嫌われ思うように得点できず苦しい時間が続く。その間に13点の差を付けられ20-33で前半終了。


ゴールを狙う古村。


巻き返しを図るべく迎えた第3Q。「中(インサイド)にボールを入れよう」(加賀美HC)とハーフタイムで話し合い、古村を中心に果敢にリングに向かった。対する相手のも3Pやカットインで得点を重ねる。リードを奪われたまま、38-55で最終クォーターへ。


開始早々、相手にバスケットカウントを取られてしまう。一方同志社も北方(文情2)を中心に外からのシュートが決まり始める。また藤田(法1)がドライブインやリバウンドに食らいつきファウルを誘発するなど、下級生の活躍も見られた。しかし反撃はかなわず、62-76で試合は終了した。


ベンチの様子。(右・北方、左・古村)


一番の敗因はここぞという場面で攻めきれないところにあった。「僕とかが中で抑えられたときにどうするかというのが去年からの課題」(古村)。苦しい場面に陥ったとき、アウトサイドでどれだけ勝負できるかが今後も鍵となる。

次に待つのは秋リーグだ。「リーグで4位以内に入ってインカレで一回戦を勝てるように頑張りたい」(古村)。まだ時間は存分にある。今回の敗北でさらに明確となった課題を潰し、秋リーグに万全の状態で挑む。【文責:岡本莉奈 撮影:宇佐美義人・内藤界】


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について