同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 折井・小泉組 8強入り!:テニス部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔しさ残る地力負け[ハンド...
つかんだ最高の結果!
'19秋の展望「...
2019年度秋季リーグ開幕...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
折井・小泉組 8強入り!:テニス部
2019/06/07 HEAD LINE NEWS

2019度関西学生春季テニストーナメント (2019年5月26日)

5月26日から6月3日にかけて靱テニスセンター(大阪府)で2019年度関西学生春季テニストーナメントが行われた。男子ダブルスにおいて、折井(法4)・小泉(社3)組がベスト8入りを果たし、8月に行われるインカレ予選の出場権を獲得した。


初戦の相手は関学大の板倉・小野田組だった。まずはファーストセットをG6-3で先取。続くセカンドセットでは常に拮抗した展開を強いられた。G5-4と一歩リードしそのまま流れに乗りたかったが、すぐさま取り返されてしまう。(G5-5) しかし、ここから怒涛の2ゲーム連取でなんとか逃げ切り、初戦をストレート勝利で飾った。


2回戦での2人


3回戦は大野・山尾組(関大)と対戦。「格上ということもあって、むしろチャレンジ精神を持ってやろうと思っていた」(折井)。序盤から気迫あるプレーで必死に食らいつき、ファーストセットをタイブレークに持ち込む。タイブレークでは大きく差をつけ、7-3でこのセットをものにした。しかし、セカンドセットでは格上の意地を見せつけられ、G3-6と勝負の行方はスーパータイブレークへ。緊迫した雰囲気の中、両者一歩も譲らない状況が続く。9-9まで競る白熱した戦いに。相手のミスで10-9とリードし、最後は折井のボレーが相手の間を抜けて悲願の勝利を手にした。


応援席の部員たち


勝利後、笑顔を見せる2人


勝ち上がってたどり着いた準々決勝。これまで波に乗る2人だったが、ファーストセットはなかなか思うように主導権を握ることができない。G2-6でセカンドセットへと折り返す。セカンドセットでは攻めの姿勢を見せ、G5-5と追い上げるが、そこから隙を突かれて2ゲームを連取され、惜しくも敗北となった。「ベスト4いけるんじゃないかってどこかで思っていた部分があった」(小泉)。 今大会はベスト8で幕を閉じた。



準々決勝では悔しい結果に終わったものの、ベスト8入りとともにインカレ予選の出場権獲得を果たし、大きく飛躍した姿を見せた2人。「インカレまでにしっかり調整したい」(折井)の言葉通り、8月までに歩みを止めず、夏にはさらなる高みを目指したい。


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について