同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 善戦むなしく惜敗:サッカー部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
創部史上初!女子団体優勝!
'19ルーキー特...
3年ぶり、関西王者奪還!
'19ルーキー特...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
善戦むなしく惜敗:サッカー部
2019/06/22 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカー選手権大会 (2019年6月16日)

616日、J-GreenS2フィールド(大阪府)にて行われた関西学生サッカー選手権大会・4回戦。vs関大との一戦。同志社は延長戦の末、3-4で敗北した。そのため、今大会の成績は4回戦敗退のベスト16で終えた。


スターティングメンバー


前日の3回戦から連戦となった厳しい試合。相手は1部リーグでもある格上校、関大だった。「こいつら倒して全国に行くっていう強い気持ちを持って入りました」と主将・西中(政策4)は試合前の意気込みを振り返った。


同志社ボールで前半が始まった。開始早々、いきなり得点が動いた。3分、ゴール前中央をポストプレーで崩され、抜け出されたところを右足一閃。まさかの先制点を許してしまう。だがそのまま終わるわけにはいかなかった。11分、池平(商2)FKから長谷川(生命3)が頭で合わすも、惜しくも相手GK阻まれる。得点には至らなかったものの、可能性を感じさせた。すると35分、右サイドでの石河(文情4)の落としから池平が先ほどと同じ形のクロス。ゴール左で待ち構えていた竹田(商4)が頭で押し込み、同点弾をもぎ取り1-1に。


得点し、ベンチの選手と共に喜ぶ竹田


ここから同志社は負けじと試合のペースをつかみ始めた。38分にも竹田の落としから大雄(政策3)が押し込むチャンスを演出。あと一歩のところで得点を奪えずにいた。すると前半終了間際の44分、左サイドからの速いグラウンダーのクロスを、ファーにいた相手選手にスライディングで押し込まれ、再び得点を突き放される。そのままリードを許す形で前半を終えた。


1-2で迎えた後半。序盤、同志社は関大のクロス攻撃に苦しめられる。福地(社4)を率先としたDF陣の必死のカバーでなんとかピンチを防ぐも、18分。まさかのGK西村(スポ2)のパスミスを拾われ、失点。さらに得点差を広げられ、厳しい状況に陥ってしまう。また後半中盤には、相手の中盤の選手が起点となった、細かいパス攻撃に苦しめられる。完全に関大ペースで試合が運ばれていたが、41分。途中出場の加藤(政策4)のクロスから得点が生まれる。クロスボールを逆サイドにいた途中出場の長坂(スポ1)が中央に折り返し、最後に児玉(スポ3)が押しこみ、なんとか追加点を挙げ1点差へと追い上げる。


追加点を挙げた児玉


得点と同時に、主将・西中が途中出場。「意地でも点を取らないといけない」(西中)という強い思いを込め、ピッチに入った。チームの士気を底上げし、同志社をここで更に活気づけた。そしてその4分後の後半44分。相手ゴール前中央でゴールに背を向けた状態でボールを受けた竹田が、前への振り向きざまに美しいミドルを放ち、そのままボールが鮮やかにゴールネットを揺らした。ここで試合終了間際に得点を振り出しに戻すことに成功する。「得点っていう形でチームに貢献できたのは良かった」と竹田は試合後、自身のゴールを振り返った。


試合終了間際、鮮やかなゴールを決めた竹田


試合は延長戦に突入。延長前半、同志社は竹田を中心に攻め続ける。しかし3分、負傷により無念の交代。同志社はここで選手交代枠を使い切った。竹田の穴を埋めるように、池平・児玉のディフェンスが関大攻撃相手に奮闘。得点も動くことなく、延長前半を終える。


延長後半、早速ピンチが訪れる。3分、中央を崩され、DFを背負われながらシュートを放たれる。ボールはゴールバーに直撃し、危うく駄目押しゴールとなりかけた。しかし7分、ついに均衡が崩される。左サイドをスルーパスで一気に裏へ抜け出され、GK西村と11に。そのまま冷静にゴールに流し込まれ、失点。敗北を確信付ける失点となった。だが、選手たちは最後まで諦めず奮闘し、関大ゴールを目指した。それでも力及ばず試合終了。虚しいホイッスルが鳴り響くと共に、無念の敗退となった。


1部相手にあと一歩及ばなかった同志社イレブン


1部相手に接戦を繰り広げた試合後、DFを牽引していた福地は「前半早々やられたのが反省点」と振り返り、さらに望月監督も「後半の出来を前半からできればよかった」と前半の立ち上がりの悪さが明確に課題となった。関西選手権を終え、残すところ公式戦は後期リーグ戦のみ。いつまでも、下を向いていては始まらない。この悔しさをバネに、同志社の反撃はここから始まる。(文責:岩木博哉 写真:久保孝太)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について