同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 「つなぐサッカー」で掴んだ勝利[サッカー部女子]:サッカー部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
予選リーグ突破できず
セットプレー優位に立てず
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
「つなぐサッカー」で掴んだ勝利[サッカー部女子]:サッカー部
2019/06/22 HEAD LINE NEWS

関西学生女子サッカー春季リーグ2部 (2019年6月16日)

616日に同志社大学京田辺キャンパスにて行われた、関西学生女子サッカー春季リーグ2部下位トーナメント。京都文教大との一戦で5-0と勝利し、連敗を2で止めた。


スターティングメンバー


前半から積極的に仕掛ける。だが、パスと裏に出るタイミングの意思疎通がうまく測れない。またシュートも相手GKの体を張ったセーブに阻まれ、もどかしい時間が続く。何度も攻撃を試みるなか同17分、ついに試合が動いた。CTBの鈴木(スポ3)から藤井(経3)へ揺さぶりをかけ、フリーとなった右SBの平本(文2)にボールを出す。サイドから再び中に入れ、細かなパス交換で攻め込んだ。最後は裏に抜けた竹田(文情2)へロングパス。GKと1対1の状況でギリギリまで詰め寄り、放たれたボールはネットに突き刺さった。前節から2週間、徹底してきた「ディフェンスラインを使いながら相手を揺さぶり、前へ展開していくという、みんなでの攻撃」をまさに実践できた瞬間だった。そして同33分に再び竹田の一打で1点を追加し、前半を2-0で折り返した。


CTBを務める鈴木


後半は、前半の連携で上手くいかなかった部分をコミュニケーションをとりながら修正。失敗しても冷静に一旦ボールを後ろに返すなど対応し、何度もチャンスを作った。

後半11分、竹田が鈴木(スポ3)の鋭い縦パスを受けると前に出ていたGKをかわしてシュート。また同15分にも鈴木からボールを受け、出した福田のスルーパスが竹田へ。確実にゴールを決め、点差を広げた。同19分には、藤井の配給からサイドを崩していく。途中出場した木村(経1)が抜け出しパスを受けると、ワンタッチでボランチに上がった平本につなぐ。リズムよくゴール前へ抜けた竹田にパスが通り、この日5点目となるシュートを決めた。


相手と競り合う福田


ゴールを決めガッツポーズを見せる竹田(左)とゴールに関わった平本(右)


今までは、竹田の技術と突破力でゴールまで持っていく場面が多く見られた。しかし今節は違った。「みんなが関わって決めたという感じになったのがすごく嬉しかった」(竹田)。練習のなかで、何通りもある動きのパターンを確認し合い、イメージを落とし込んだ。その結果、実戦でも行動の判断がしやすくなり「つなぐサッカー」が目に見える形となった。

次戦が最終となる春季リーグ。今季1戦目で敗北している大教大との対戦が控える。最高でも5位と、目標の上位トーナメントには届かなかったものの、彼女達は切り替え前を向いている。「今日のように自分たちがやってきたサッカーを出し切って絶対に勝てるように頑張りたい」(不動)。リベンジへの強い思いを胸に全員で勝利を掴みに行く。(酒井華奈)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について