同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 伊勢湾カップへの切符獲得へ:ボードセイリング部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
関東の壁高し
敗北を力に変えて
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
伊勢湾カップへの切符獲得へ:ボードセイリング部
2019/07/05 HEAD LINE NEWS

中部選手権 (2019年6月29日)

 6/29.30新舞子で中部選手権が行われた。この中部選手権は来たる八月に行われる伊勢湾カップへの出場権と全日本選手権の出場権を得ることができる試合だ。今回、同志社はメンズ6人、レディースは4人は伊勢湾カップの権利を獲得した。前回の関西選手権とは違い、全国の大学から選手がエントリー、4回生も参戦した。その中で中村(政3)が6位に入賞し、安定した速さを見せた。
「もともと伊勢湾カップの権利は持っていたので四回生がいる、実力試しの試合となった」と話す中村。
1日目を得意風域で始め、自分が思った以上走れたという中村は、試合を楽しんで挑み、6位という結果を得ることができた。次の伊勢湾カップは初参戦となる。今まで以上に艇の数が増え、予測不能な部分が増えるというがインカレ予選に向けて自分の立ち位置を理解できる試合になると語った。

安定した速さで上位を走る中村(政策3)

一方で、去年伊勢湾カップの権利を落とし、今回は初獲得した立木は「琵琶湖で行われた試合で伊勢湾カップの権利を獲得した選手より良い結果を残すことができて自信につながった」喜びを言葉にした。タックのミスやアプローチのミスで順位を落とすこともあったので最後の最後で惜しいということがあった。無くしていきたい」と、今回の試合を分析した。初体験のビッグレース伊勢湾カップに不安を見せながら、インカレの予選に向けていいイメージを持つことができると考え、自分が今ある実力を出し切ることを誓った。

今回好調の走りを見せた立木(生命3)

多くの選手が伊勢湾カップの権利を手に入れ、不安とともに自分の実力を試すいい機会と前向きにとらえる選手たち。今後も多くの期待がかかる。(足立みずほ)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について