同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 西日本個人ベスト4進出!:相撲部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
創部史上初!女子団体優勝!
'19ルーキー特...
3年ぶり、関西王者奪還!
'19ルーキー特...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
西日本個人ベスト4進出!:相撲部
2019/07/12 HEAD LINE NEWS

第79回西日本選抜学生相撲大会 (2019年7月7日)

77日に堺市大浜公園相撲場で第79回西日本選抜学生相撲大会が行われた。 6月の西日本学生相撲選手権大会では準優勝を獲得し、さらなる結果に期待がかかったが、団体戦の結果は3位と前回より1つ順位を落とした。ただ、個人戦では村上(社2)がベスト4入りを果たすなど、確かな収穫も得られた。


7人制で行われた今大会の団体戦。6月の西日本大会では強豪九情大を下し、今大会では優勝も見据えて臨んだ。

しかし、一回戦から関西王者近大と対戦し、その望みは打ち砕かれた。4回生のトゥルトクトホ(社2)と竹林(スポ4)が果敢に立ち向かい白星を挙げたが、王者には及ばず2-5に終わった。


奮闘する竹林(スポ4)


2回戦の立命大戦では5-2で勝ち点を稼ぐも、続く三回戦では準優勝を争うであろう九情大と対戦。ここで勝てば、準優勝へ可能性もひろがる。両者譲らぬ試合を繰り広げ、3-3で大将戦に。期待を背負い、熱のこもった表情で土俵に上がった主将・竹林。しかし緊張もあったのか、相手の立ち合いのスピードに負け、土に。九情大との戦いは惜しくも3-4で幕を閉じた。残る4回戦、5回戦は確実に点数を稼ぎ威力を見せつけたが、前半の近大と九情大での敗北が響き3位に。九情大との得点差はわずか1点だっただけに晴れない3位となった。


愛学大戦でのトゥルトクトホ(社4)


続く個人戦、同志社からは9名の力士が出場した。4回生たちも2回戦、3回戦で敗退していく中、個人戦での村上(社2)は冴えていた。団体戦では5戦中3戦で黒星、自信をなくしていたところに、監督から「考えすぎだ」と声をかけられ覇気を取り戻した。初戦から団体王者、近大の力士と当たったが確実に攻略。相手が立ち合いから勢いよく突いてきたところをうまく引き、体勢を崩したところを逃すことなく突き落としで決めた。3回戦も押し出して勝ち上がり、決勝トーナメントへ駒を進めた。


立ち合いから勢いよく飛び出した村上(社2)


準々決勝、相手はまたも近大の力士だった。相手のパワーに押され、土俵際まで追い込まれたが、ぎりぎりで持ちこたえ寄り倒しで白星。準決勝まで進出した。しかし、準決勝からの相手はまさに強者揃い。土俵では一瞬の焦りも見られ、4位で終わった。

村上は試合後、「団体戦では気負うこともあったが、個人戦では自分らしく思い切った相撲が取れた。それが勝利に繋がったと思う。」と振り返った。


表彰式での様子


団体戦では1つ順位を落としたが、やはり個人の力は確実に伸びているようだ。7月14日には全国大会を控える。今シーズン順調に成績を上げてきたからこそ、期待もかかる。関西以上の力人たちが出揃うなかで、同志社力士たちにはさらなる猛威を振るってほしい。【小松夕夏】

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について