同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 3年ぶり、関西王者奪還!:馬術部
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
リベンジ果たせず[ハンドボ...
'19夏の展望「...
岡山大に6点差で圧勝
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
3年ぶり、関西王者奪還!:馬術部
2019/07/18 HEAD LINE NEWS

第54回関西学生賞典障害馬術大会 (2019年7月14日)

7月14日に行われた第54回関西学生賞典障害馬術大会で、同志社は2年越しの団体優勝を果たした。個人でも優勝者1人と入賞者1人を出し、大健闘。「障害馬術の同志社」が復活した。


今大会は130㌢クラスの高い障害が立ち並び、難易度が高いものとなっている。同志社の先陣を切ったのは田中蒼(商3)・BIZザミーラ。「後ろにいる人たちに流れを作るために元気のいい走行を心がけた」と気合十分に臨んだ。だが前半で基本のペースを上手く作れず早くも2落してしまう。後半は馬のテンションも上がりリズムも出来ていたため障害を1度も落とさずに走り切った。だからこそ「前半にリズムを作ってあげられなかったことが馬に申し訳なかった」と悔しさをにじませた。


BIZザミーラと共に障害を跳ぶ田中蒼


次に出番が回ってきたのは髙橋(スポ健2)・スフィーダ。比較的ゆっくりとしたスピードでのスタートとなった。スフィーダの調子もよく、全体的に安定した走行に。だが6番障害で馬のノビを制御しきれず一つ落としてしまい、減点4で結果は5位となった。入賞を果たした高橋だったが「正直満足はしていない。次の全日本までに細かい所を修正していきたい」と苦い表情で試合を振り返った


5位入賞を果たした高橋・スフィーダ


約1週間前にジペット・ディ・グラルへの騎乗が決まった中村(商4)。調整は監督に任せ、今大会には*¹テン乗りという形で挑んだ。最初と中盤の障害で落としてしまうも、馬と助け合い何とか2落のままゴール。7位という結果に「もっとうまく乗れるようになりたいと改めて思った」と前向きに受け止めた。


中村・ジペット・ディ・グラルは力強い走りを見せた


圧巻の走行を見せたのは武道・シロッコプラダだった。連続した障害に特に注意し、練習中もバランスを意識し臨んだ今大会。馬の調子もよく、準備は万端だった。本番では、警戒していた5番障害の後の6番障害で馬の歩幅調整が間に合わずヒヤリとする場面もあったがシロッコプラダに助けられ乗り越えた。最後の連続障害もギリギリで飛び越え、見事減点0で完走した。


完璧な走行だった武道・シロッコプラダ


ジャンプオフに進んだのは中村大、武道の2名、一騎打ちとなった。春学のMBでもジャンプオフを経験した武道・シロッコプラダ。その春学では関大の中村大・カリエーレに敗れ2位だった。ジャンプオフが開始されるまでの短い時間で、監督とコーチに入念にコース取りを確認。シロッコプラダは回転が得意な馬のため、大きく助走をつけずに小回りするコースを選んだ。


ジャンプオフが始まった。武道はこの大一番を「楽しかった」と振り返った。「馬の調子が今までにないくらいによく、行ける!と思えた」。シロッコプラダとのレースを楽しんだ結果、満点走行。そして中村大・カリエーレが減点8。同志社チームから歓喜の声が上がった瞬間だった。


緊張の一戦にも臆せず挑んだ


武道・シロッコプラダと髙橋・スフィーダが入賞を果たした。*²ウイニングランが行われ、両者歓声を浴びながら馬と共に至福の時間を過ごした。1位という立場でのウイニングランは初めての武道。「とにかく嬉しかった」。優勝者のみに許される2周目のウイニングランではあふれんばかりの笑みをこぼした。


ウイニングランでは笑みを見せた


久しぶりの団体優勝について主将中村は「3年ぶりです。王座奪還です。」と興奮冷めやらぬ様子で答えた。次は11月に行われる全日本選手権が待っている。大学での全日本は初めてとなる武道は「もっと落ち着いて馬に負担かけずに乗れるようにしたいなと思います」とさらなる成長を目指す。4年前の栄光を再びつかみ取れるか。これからの同志社の躍進に期待だ。(中川海太)

*¹テン乗り…特定の馬に初めて乗ること。

*²ウイニングラン…授賞式が終わった後に行われるもので、1位の選手を先頭に乗馬した状態で場内を駆けまわる。対象は入賞した組。


最後は応援して下さった馬術部関係者の皆様と喜びを分かち合った


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について