同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 課題も見えた:ラクロス部
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
リベンジ果たせず[ハンドボ...
'19夏の展望「...
岡山大に6点差で圧勝
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
課題も見えた:ラクロス部
2019/08/11 HEAD LINE NEWS

仮想リーグ (2019年8月4日)

84日に、同志社大学京田辺キャンパスラグビー場にて行われた仮想リーグ第4節対立命大戦。今年3度目の同立戦にあたる今回の試合。5-3で立命大を制し、現時点で仮想リーグ4戦中4勝となった。

いつも以上に応援に熱が入る



迎えた第1Q。開始から守備側になるが、先制点を取りたい同大は粘り強いDFでピンチを耐え凌ぐ。開始5分、ようやく巡ってきたATのチャンスを存分に生かし、矢野(社4)が鋭いショットを成功させた。開始7分には、自陣ゴール前で原野(法4)のナイスセーブが光った。そのまま柿本(商3)にクリアがつながると、ゴール前左サイドから加山(経4)が激しいショットを決めた。第1Qは2-0で終了した。


相手に詰め寄る山口(商4)



2点差で始まった第2Q。前半は同大のポゼッションもシュートチャンスも多かったが、得点に直結しない。開始7分では、原野が一度セーブに成功するも、二度目の素早い攻撃に対応できず1点目を決められた。すぐに取り返したい同大。開始9分、ゴール前で速いパス展開を繰り広げ、ゴーリーを惑わせる。ようやく隙の空いた所に、淺中(法4)がスタンシューを押し込んだ。相手にブレイクされる危険な場面もあったが、その後失点されることはなく3-1で第3Qに突入した。


DFにつく石橋(経4)

 

2点差で始まった第3Q。序盤から積極的にシュートを打ち続ける。開始7分、村松(商4)が1on1で右サイドからシュートを成功させた。試合終盤では森(神4)がナイスセーブを連発し、相手の追加点を許さない。最終第4Qでは、開始早々に近藤がゴール正面からバックターンでDFを振り切り、シュートを決めた。ここまで5-1と良い流れでプレーしていた同大。だが開始7分、思わぬタイミングで立命大にシュートを入れられる。開始12分でも、さらに追加点を献上した。最後までDFの苦しい時間が続き、5-3で試合終了となった。


シュートチャンスを見極める近藤


グラボに駆け寄る矢野


5-3で勝利したが、第4Q2失点を許した仮想リーグ対立命大戦。原野も試合後述べたように、今後「粘り強くプレーできない」という課題を克服していかなければならない。目の前の課題に向き合い、残り3戦も全勝で終え、有終の美を飾りたい。(小野真央)



#27/MF・加山広海(主将)

ー今日の試合の感想・反省点

4試合の中で1番山場というか、緊張感もあったし、そのような雰囲気の中で試合ができて楽しかった。そこで勝てたことが収穫になったので、自信につなげたい。個人としては、ここ2試合無得点だったので、それを覆すようなショットを決めることができて良かったと思う。


ATは全体的にどのクォーターも得点が取れていたと思うが、どのようなことを意識していたか

最初のクォーターで相手が下からの攻撃に弱いことが分かったので、それを意識して下から起点に攻撃しようということを話し合っていた。


ー次の3戦の意気込み

次の三戦からは相手のレベルも上がるし、より仕上がってくると思うので、自分たちも今のままで満足せずにもっと完成度を高めていきたい。130人総力戦で結果を残したい。



#8/G・原野慎之介(副将)

ー今日の試合の感想・反省点

個人としては、創部30周年パーティーの時に「セーブ1つでチームの雰囲気を変えられるようなゴーリーになる」ということを宣言していた。昨日今日の試合は自分のセーブで流れを変えれたんじゃないかと思っていて、その点は自分に合格点をあげたい。チームとしては、粘り強くプレーできないことが課題にあがっていて、そこで最後2失点してしまうのはいけないと思う。ベンチワーク含めてしっかりやっていきたい。


ー第3QまではDFが上手くいっていたと思うが、中でどのようなことを話し合っていたか

昨日から暑い中で第1.2Qは足が動く状況だから、そこで点を決められたら第3.4Qで足が動かなくなってきて相手に付け込まれる。第1.2Qは足を動かしてオールアウトで全員が無失点でいけるようにっていうことを話し合っていた。1点決められたが、ある程度合格点だと思う。


ー次の3戦の意気込み

ここ折り返し地点を4勝できていて、次の3戦からは相手のレベルが高くなってくる。去年の優勝校の京大や、自分たちが半年前に5.6点差で負けた神大と戦うことになるので、そこに勝ち切って仮想リーグ関西1位で僕らの代は終わりたい。それが下に残せることだとも思うのでやりきっていきたい。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について