同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 快勝で準決勝へ:硬式野球部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
好成績で来期へ繋ぐ
夢破れた全日本
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
快勝で準決勝へ:硬式野球部
2019/08/14 HEAD LINE NEWS

全京都大学野球トーナメント (2019年8月14日)

8月14日、わかさスタジアム京都にて全京都大学野球トーナメント準々決勝が行われた。同志社は普段出場機会に恵まれない3、4年生を中心に構成されたチームで挑み、花園大に5-0で勝利した。


笑顔の都築(経3)【撮影:安本夏望】


先発投手としてマウンドに上がったのは都築。この試合のヒーローを聞かれこの男の名をあげぬ者はいない。そう断言できるほどのピッチングを披露した。試合の2日前に先発を命じられたが、「自分はいつも通りに投げたいタイプなので、試合前だから特別なにかしたとかはありません」(都築)。



スコアボードを背にダウンをする都築


「4回生を負けさせるわけにはいかなかった」。調子がよかったと言う直球とスプリットを駆使し、9回を1人で投げ被安打3の7奪三振無失点を記録。打線も3安打1打点の暴れぶりだった髙尾を中心に5点を奪い快勝した。


髙尾(政策3)


準決勝及び決勝は明日、同じくわかさスタジアム京都にて行われる。(内藤界)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について