同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 個々の実力発揮、ジュニア2部門制覇:空手道部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
つかんだ最高の結果!
全カレで5人が入賞!
'19秋の展望「...
2019年度秋季リーグ開幕...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
個々の実力発揮、ジュニア2部門制覇:空手道部
2019/09/04 HEAD LINE NEWS

第11回関西学生オープントーナメント (2019年9月1日)

8月31日と9月1日に2日間に渡って行われた第11回関西学生オープントーナメント。熱気あふれる近畿大学記念会館(大阪府)にて多くの選手たちが奮闘した。


31日の女子個人形競技では、同志社期待の新勢力が台頭してきた。ジュニアクラスにて決勝戦に勝ち残った福西(スポ1)と山下(スポ1)。二人は同じ大阪学芸高等学校出身で、まさに互いに相手をよく知る同校対決となった。どちらも決勝戦に持ってきた形はアーナン。同じ形でもそれぞれ違った自分の魅せ方が光る。勝負を制し優勝をつかんだのは福西、次いで山下が準優勝に輝いた。「高校では一緒に練習していた人と向かい合っていることに不思議な感覚と笑いがこみ上げてきた」。福西は過去にあった小学5年生以来の山下との対決を楽しむことができたと語った。二人にとって大学初の公式戦となったオープントーナメントで確かな手応えを感じれる結果になった。


集中して形をうつ福西(スポ1)

スピード感のある突きを見せる山下(スポ1)


シニアクラスで存在感を発揮したのは、昨年1年生ながら全日本団体メンバーとして力を発揮し準優勝と若手ながら経験を積む小久保(スポ2)。キレと迫力のある演舞を見せ、相手の点差を開けて3位と好成績を残した。


安定した演技を披露する小久保(スポ2)


男子個人形競技ではジュニアクラスにて津田(スポ4)が二連覇を成し遂げた。昨年に続き決勝で披露したのは津田が得意とするパープーレン。今大会自身の怪我もあり出場を悩んでいたが、最後の個人戦をみんなと戦いたいと意を決した津田。「自分ならできると言い聞かせた。形を打った時は集中しきって自分の全てを出せたと思う」。怪我の不安もあったが見事、自分の最大限を引き出した演舞を披露した。


最後のオープントーナメントをやりきる津田(スポ4)


シニアクラスでは、またもや3位決定戦で同校対決が繰り広げられる。対戦したのは藤田(スポ4)と町田(社3)。両者遠慮なし、気迫がこもる演技を披露する。熾烈な先輩・後輩対決を制したのは町田だ。見事自分の力を出しきり3位に輝いた。


試合後握手を交わす二人、左から町田(社3)・藤田(スポ4)


1日に行われた組手競技の部。月は変わるも前日と変わらず体育館は熱気に包まれていた。女子個人組手競技のシニアクラスで強さを見せつけたのは瀬戸口稀(文情4)。準々決勝では同校のルーキー井上(現社1)と当たるも「いつも練習でやっているからやりにくいなとは思ったけど後輩だから負けられない」と先輩の技量を見せつけた。準決勝では敗れるも3位入賞を果たし苦手と自負する個人戦を見事勝ち上がった。


冷静に攻める瀬戸口(文情4)


そしてエクセレントクラスで盛り上がりを見せたのは高木(スポ⒊)だ。大会は終盤に差し掛かり同志社部員総出になって高木を応援する。勝てば3位入賞が決まる試合では高木が点を取る度歓声がなっていた。京産大の吉村相手に⒊-2の激闘を制し見事勝利を勝ち取った。試合後「観客席とコートが近くて応援を感じた。それが力になりました」と笑顔で同志社チームへの感謝を語った。


攻撃を仕掛けようとする高木(スポ3)


チームを常に引っ張る瀬戸口稀は「みんな初戦で負けずに、メンバー的にも実力が上がってきているからあと1ヶ月仕上げていこうと思う」と次に控えている団体戦へと意気込む。着実に11歩上へと大会ごとに成長を見せる選手たち。試合中は常に仲間を応援する声がコート上で交わされる。どこよりも固く結ばれたチーム力を持って、次に迎える関西団体戦に挑む。(文責:藤田彩花)


○大会成績

<女子個人形競技>

ジュニアクラス

福西芽生(スポ1)優勝

山下紗慧(スポ1)準優勝

岩本菜穂(スポ4)3位

清水さつき(社3)3位


シニアクラス

小久保麗(スポ2)3位


<男子個人形競技>

ジュニアクラス

津田朋輝(スポ4)優勝

内田智晴(神3)3位

角田悠(文情3)3位


シニアクラス

町田康裕(社3)3位


<女子個人組手競技>

シニアクラス

瀬戸口稀美(文情4)3位

瀬戸口文音(文情2)優秀選手

井上美久(現社1)優秀選手


エクセレントクラス

高木七奈(スポ3)3位


<男子個人組手競技>

シニアクラス

福本隆稀(商4)ベスト8











同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について