同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 全国個人ベスト8‼︎:相撲部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
全カレで5人が入賞!
'19秋の展望「...
三浦凪・東田艇が女子イン優勝!
2019年度秋季リーグ開幕...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
全国個人ベスト8‼︎:相撲部
2019/09/10 HEAD LINE NEWS

第67回全国選抜大学・実業団相撲刈谷大会 (2019年9月8日)

98日、刈谷市体育館特設相撲場(愛知県)で第67回全国選抜大学・実業団相撲刈谷大会が開かれた。若いパワーのみなぎる学生力士と巧みな技が光るベテラン力士とがぶつかり合った。団体戦では惜しくも決勝トーナメント進出を逃したものの、個人戦では田中(法4)が出場選手92人中ベスト8まで上り詰め存在感を見せた。


会場の様子


今回の団体戦は3人制で行われた。先鋒に主将竹林(スポ4)、中堅トゥルトクトホ(社4)、そして大将に田中(法4)で臨んだ。主力の4年生揃いだったが、3試合中24点で4位の東洋大にあと2点及ばず予選敗退となった。全国の壁を痛感させられた結果となった。


団体戦3回戦での竹林


続く個人戦。団体戦メンバーに加え、1年生も含めた計6名が出場した。トゥルトクトホ、山口(法1)は一回戦、竹林は2回戦まで突破するも、実業団選手に阻まれトーナメントから姿を消した。竹林の3回戦はかつて同志社相撲部のエースとして活躍した神山(アイシン精機)との戦いだった。敗北はしたものの、現在でも活躍する直属の先輩と戦うことができ、また一つ経験を積んだようだった。


予選トーナメントで同志社勢が敗戦していく中、望みを繋いだのは団体戦でも2点をあげていた田中(法4)だった。

ベスト16を決める戦いの前でも落ち着きを見せた田中


「今回は勝ちに貪欲になれた。自分の相撲が取れたと思う。」大会後こう語った。前回の靖国神社での体重別大会と比較しているのだろう。ベスト16を決める試合は団体戦でも活躍していたアイシン精機の岡田との一戦だった。立ち合い後、相手が引いたところを確実に見極め、押して勝利。「足元をちゃんと見て戦えた。自信もついた。」その後、4回戦は送り出しで決勝トーナメントに進出。ベスト8まで勝ち進んだ。準々決勝では東洋大の深井と当たり、寄り切られここで幕は降りた。


個人戦4回戦での田中


4年生引退まであと僅か、田中は今回調子を取り戻したようだったが春シーズンと比べ低迷している選手もうかがえる。誰にでも調子の波は存在する。ただ、11月の学生選手権には全員が最高潮で臨んでほしい。【小松夕夏】

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について