同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > まさかの惜敗 気合い入れ直しファイナル4へ:ラクロス部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
関東の壁高し
敗北を力に変えて
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
まさかの惜敗 気合い入れ直しファイナル4へ:ラクロス部
2019/10/01 HEAD LINE NEWS

関西学生ラクロスリーグ戦 (2019年9月29日)

9月29日に桃山城運動公園多目的グラウンド(京都府)で行われた関西学生ラクロスリーグ戦で神戸大学に6-7で敗北した。

リーグ予選最終戦となった今試合、同志社はファイナル4への出場が確定しているもの、まずは関西制覇に向け予選を最後まで勝ち切ることを目標にしていた。まさか負けるとは思っていなかった相手への敗北に悔しさが残った。


9月も終わりを迎えるというのに、真夏のような暑さと日差しが降り注ぐ中試合が開始した。

第1Q、試合開始のドローを取られた同志社は相手の勢いのまま、すぐに神大に先制点を奪われてしまう。次のドローではゴール前へボールを運び#11井田(心理2)、#45田中(心理4)が続けて11を仕掛けるが、得点にはならず点を取り返せない。同志社のミスからライドとなり、再び相手にゴール前まで運ばれてしまう。DFでは同志社のファールが続き、相手に二度のフリーシュートを与える。1度目のフリーシュートを#2竹本(スポ4)がセーブするも、2度目は守りきれず失点。2-0とリードされる。点を返したい同志社はゴール前まで丁寧にボールを運ぶと、相手ファールにより手に入れたフリーシュートのチャンスを#25村田(グロ地2)が決めきり、1点を返す。続いて#3長瀬(法4)もフリーシュートを獲得すると、相手DFとの駆け引きを交えつつ確実にシュートを決め、第1Q中盤で2-2の同点となる。


シュートに向かう#3長瀬(法4)


その後両チーム共に攻防戦が続くも、得点は動かず2-2で第1Qを終えた。


2Q。始まりのドローから相手ボールとなるも、ライドで強いプレッシャーを与えボールを取り返す。しかしキープミスからボールを奪われ、相手にゴール前まで運ばれてしまう。ここで、相手が外したシュートボールを#11井田が猛スピードで追いかけ、見事同志社ボールに変えてチャンスをつくることに成功。#11井田のファインプレーで手にしたボールはゴール前まで確実に運び、#21石井(スポ2)が裏からの11でシュートに向かうが、これはゴール枠外に外れ、点を追加できない。


裏から1対1を仕掛ける#21石井(スポ2)


得点が動かないまま第2Q残り7分。ここでライドでの危険なファールにより#7足立(スポ4)が退場となり、主要なDFメンバーが1人少ない中で相手ボールとなってしまう。同志社が不利な状況を神大にうまく攻められ相手のシュートが決まり、さらに#7足立がコートに戻った後も相手に一点追加点を許し、2-4で第2Qを終えた。


2点ビハインドで迎えた第3Q。ここから巻き返しを図りたい同志社だが、序盤から相手に11で点を奪われてしまう。点差を3点まで広げられたところで、同志社は#3長瀬の11でようやく1点を取る。ここから流れを掴みたかったが、何度かゴール前へボールを運ぶも、同志社は最後のシュートを決めきれない。その後もシュートが決まらず得点できないまま、相手には二度のフリーシュートで2点を奪われ得点は3-74点差が開き、第3Qを終えた。


同志社らしいテンポの良いラクロスができないまま迎えた最終Q。ここでようやくチームに火がつく。ドロー後ボールを手にした#11井田が、ボールを一気にゴール前へ運ぶと#44森(スポ3)にパスでシュート。これが見事決まり、まずは1点を返す。4-73点差となると、セーブされ相手のクリアとなったボールを#3長瀬がナイスチェックで奪い返す。するとこのチャンスを#45田中が鋭いシュートで得点に繋げ、5-7。試合終了まで残り8分で2点差に迫る。残り時間で追い返したい同志社はその後シュートをセーブされても、相手ゴーリーをしつこく追いかけ積極的にボールを奪いに行く。

#25村田のゴーリーへのチェックで見事ボールを奪うことに成功するが、シュートは決まらず、点差があいたまま残り時間が過ぎていく。残り五分でゴール前まで運ぶと、#11井田が攻め気をみせ、ゴールへ走りシュート。逆転したいという強い想いがDFを突破し6-7の一点差に点差を縮める。


シュートに向かう#11井田(心理2)


逆転勝利の可能性を思わせたが、残り時間僅かで後一点が決められず試合が終了。6-7で敗北した。


敗北の瞬間


試合終了


試合後主将#2竹本は、「負けてしまったのはしょうがないと思うので、ここから1ヶ月でチームを上げてファイナル4に挑みたい」と、気持ちを切り替えて次の試合を見据えた。

「学生日本一を目指しているからには、ここでつまづいている場合ではない」という主将の言葉通り、1ヶ月後に行われるファイナル4ではしっかりと勝ちきり、宿敵である関学を倒さなければならない。

今試合の負けで決して立ち止まることなく、自分達で掲げた学生日本一の達成を目指して、まずは関西制覇へ挑む。


(立入愛美)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について