同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 明日につながる敗戦:準硬式野球部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
関東の壁高し
敗北を力に変えて
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
明日につながる敗戦:準硬式野球部
2019/10/03 HEAD LINE NEWS
同志社000012001-----4
阪大000111002-----5

関西六大学準硬式野球連盟秋季リーグ戦 (2019年10月3日)

10月3日、大阪シティ信用金庫スタジアムにて、関西六大学準硬式野球連盟秋季リーグ対阪大1回戦が行われ、4-5で敗北した。


「負けるべくして負けた」(佐藤・社3)。シーソーゲームの末、白星を手にすることができなかった。


4回裏、先頭打者に左中間二安打を浴びせられ出塁を許すと、6番の左越安打の間に先頭打者が生還し先制点を与えてしまう。先制を許し黙っていられない同志社は5回、先頭打者・寺田(社3)が四球により出塁すると、その後真鍋(スポ1)も四球により出塁。和田(スポ2)の中間安打の間に寺田が生還し1点を返した。


冷静な判断で攻守ともに活躍を見せた和田(スポ2)


続く菅野(商1)も四球により出塁し2死満塁のチャンスを作るも、追加点とはならなかった。その後5回裏の相手の攻撃では守備でエラーが重なり、追加点を与えてしまう。


「嫌な雰囲気は試合前から感じていたが、その雰囲気を変えることができなかった」(佐伯・スポ1)。先発を務めた佐伯は、あまり良いコンディションではない中の登板となり、納得のいくピッチングができなかった。


粘り強い投球を見せた佐伯(スポ1)



その後も双方譲らない試合展開が続く中、7回裏に佐伯に代わり小崎(経3)がマウンドに上がった。「一点もやれない」という強い気持ちでマウンドに上がったが、雨脚が強まり満足のいく投球ができない。「力を入れたいところで入らなかったり、グラウンドの状況とも噛み合わなかった」(小崎)。昨秋の阪大戦、サヨナラ負けを喫した場面でも登板した小崎は、その時の状況がフラッシュバックし、いつも通りのピッチングができなかった。


相手に安打を許し悔しい結果となった


それでも同志社は9回表に1得点を挙げ、盛り上がっていた。しかし9回裏の相手の攻撃で1死満塁の場面で四球を与え、押し出しにより1失点。相手の勢いを封じることができず、惜しくも4-5で敗れた。


「勝ちであれ負けであれ糧にして、成長していかないといけない」(佐藤)。今日の敗戦を引きずってはいられない。今試合で出たミスを試合後に全員で見直し、さらなる成長を図る。チームは前を向き、明日の2回戦に挑む。(山口萌恵子)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について