同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 課題修正し、次戦に挑む[サッカー部女子]:サッカー部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
関東の壁高し
敗北を力に変えて
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
課題修正し、次戦に挑む[サッカー部女子]:サッカー部
2019/10/05 HEAD LINE NEWS

関西学生女子サッカー秋季リーグ2部第2節 (2019年9月29日)

929日、同志社京田辺グランド(京都府)にて関西学生女子サッカー秋季リーグ2部の第2節が行われた。京都教大と対戦し、4-0で勝利を収めリーグ通算成績11敗となった。


スターティングメンバー


試合開始と共にコート中を駆け回る。前節からの1週間で攻撃力を固めてきた同志社はスタートから果敢に動いていった。

前半8分、CKを獲得し藤井(経3)が見事なコントロールでゴール前に放り込むも得点には繋がらなかった。14分にも藤井の華麗なCKで好機を作るも決めきることはできず。しかし27分、ついに藤井の3度目のCKが得点につながった。ボールにいち早く食らいついた鈴木(スポ3)が頭で押し込み先制点を獲得した。


見事なコントロールで2点をアシストした藤井


鈴木のシュートが決まる瞬間


後半も勢いが衰えることなく追加点を狙っていった。

開始早々、福田(GC3)がわずかな隙間を狙った冷静なシュートを放ち1点を追加。「もう来たなって感じでした」と決める前から手応えを感じていた。

セットプレーの練習を積んでいた同志社は、またも練習の成果を発揮する。後半37分、藤井のCKを福田がヘディングで押し込み30。自主的にCKを意識して練習をしていた藤井にとって報われた結果となった。

そしてロスタイムには、この日誕生日であった川口(法1)がシュートを決める。リーグ戦で自身初となる得点は、ネットを跳ね返す豪快なシュートとなった。

そのまま試合は終了し、4-0と無失点で京都教大を抑え今季初の勝利を挙げた。


得点を決めて喜ぶ選手たち


勝利はしたものの、選手たちはこの結果に満足していなかった。大量得点を見据えていただけに、「もっと点数は取れた」と選手たちは振り返っていた。その反面、練習していたセットプレーが得点に繋がったり、相手にかけるプレッシャーといった面で成果が出ていると監督は分析した。

「攻撃のところで人の配置だったりを修正したい」(監督)。今回見えた課題を改善し、一戦一戦勝ち抜いて上位トーナメントに近づいていく。(大石きらり)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について