同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 皇后杯 関西ベスト8![サッカー部女子]:サッカー部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
関東の壁高し
敗北を力に変えて
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
皇后杯 関西ベスト8![サッカー部女子]:サッカー部
2019/10/12 HEAD LINE NEWS

皇后杯JFA第41回全日本女子サッカー選手権関西大会 (2019年10月6日)

106日に神戸LFC(兵庫県)にて行われた、皇后杯JFA41回全日本女子サッカー選手権関西大会2回戦。同志社は日ノ本学園高等学校と対戦し、0-6で完敗した。よって、チーム最高順位の関西大会ベスト8という結果を収めた。


スターティングメンバー


日ノ本学園高等学校女子サッカー部は、今年のインターハイで準優勝を果たしている強豪校。「自分たちが今までやったことがないくらい、早くてうまい相手だった」(不動・スポ4)。素早いパスワークでの攻撃に翻弄され、前半1分に先制点を許すと、続けて同4分にも追加点を決められる。相手に対して前から守備をするのか、ボールに付いていくのか、判断が追いつかなかった。その後さらに2点を追加され、12分までに4点を奪われた。終始ペースを握られたが、「やり切るしかない」と切り替え、GK不動もゴールを死守する。その後の失点は抑え、0-4で前半を折り返した。


スピードの速い攻撃に食らいつくDF 平本(文2)、藤井(経3)


ハーフタイムに守備で曖昧だった部分を「前から人にかける」と決め、後半に臨んだ。相変わらず主導権は握られたまま、その行動に制限をかけていく。ボールの保持回数も増え、前半から徐々に修正した。そして今試合最大のチャンスが訪れたのは同24分。福田(GC3)のロングボールを競って敵陣で同志社ボールに。スローインから池田葵(文2)がDFの間をぬってシュートを放った。惜しくもGKの正面でキャッチされ、得点とはならなかった。何度かゴールに迫る場面もあったが、日ノ本学園高校も攻撃の手を緩めることはなく、17分、35分に得点を入れられ2失点。実力差を見せつけられ0-6で完敗した。


相手と競り合う池田葵


2回戦敗退となったが、皇后杯が始まってから京都府3位となり初めての関西大会出場、1回戦を制しベスト8という結果は同志社なでしこにとって大きな前進であり、自信へと繋がった。監督は「ボールをとった後に、それを本当に前に繋げるのか、それともボールを一旦後ろで握り返してあげるのか、そういう守備から攻撃に変わった瞬間のところを改善していければ」とさらにステップアップするための課題を挙げる。現在秋季リーグでの成績は1勝1敗。次の関学大戦が上位トーナメント出場に向けて鍵となる重要な一戦だ。培ってきたものを遺憾なく発揮し、全員で勝利を掴め。(酒井華奈)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について