同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > インカレ開幕:バドミントン部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
新たに見えた課題
実力差見せつけられ2連敗
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
インカレ開幕:バドミントン部
2019/10/15 HEAD LINE NEWS

第70回全国日本学生バドミントン選手権大会 (2019年10月14日)

10月15日に第70回全日本学生バドミントン選手権大会が小田原アリーナ(神奈川)で行われた。個人戦ダブルスが行われたこの日、大屋(商2)伊藤(スポ2)ペアが唯一2回戦に進出したが明治大に敗北。全国の舞台で結果を残すことができず、悔しい一日となった。


個人戦ダブルスが行われた大会初日。同志社からは3組が出場した。最初にコートに立ったのは藤田(文情4)前川(心理2)ペアだ。先日のリーグ戦一部残留を決めた勢いに乗って勝ち進みたかったが、青学大が立ちふさがった。次々とポイントを奪われ、青学大ペースで試合が進む。11-21で第一ゲームを落とした。第2ゲームでは気持ちを切り替えて反撃を試みるも、ミスが重なり流れをつかめない。最後まで隙をつけずに8-21で完敗を喫した。




笑顔で盛り上げる藤田




大屋・伊藤ペアは初戦で札幌大と対戦。大屋は卓越したコントロールで相手をいなし、伊藤は高い身体能力でパワフルなショットをコートに打ち込む。ともに抜群のコンビネーションで安定した戦いを披露。21-14、21-17で完封勝ちを収め、2回戦に駒を進めた。




白星をつかんだ大屋・伊藤




岩永(商4)中里(理工4)ペアは神奈川大に挑んだ。勝って勢いをつけたかったが、第一ゲームから拮抗した展開に。両者チャンスをうかがい、隙があればスマッシュで得点を狙う。緊迫した空気の中、最後まであきらめずに戦うも一歩及ばず。18-21、18-21で敗北し、悔しさをにじませた。




惜しくも敗れた岩永・中里




1回戦がすべて終了し、同志社からは大屋・伊藤ペアが唯一2回戦へ進むこととなった。3回戦進出をかけて争うのは明治大。今秋に関東一部リーグを降格したが、歴史のある強豪だ。迎えた第一ゲーム、相手の早い攻撃に苦しみ、うまく勢いにのれない。伊藤が渾身のショットを決めるも、その後は徐々に点差が開いた。そして最後まで相手のペース崩せずゲームセット。11-21、15-21での敗北となった。




最後まで戦う姿勢を見せた




息の合ったプレーを披露




これで同志社のダブルスは全組敗退となった。団体戦が台風の影響で中止となったため、残すはシングルスのみ。4回生にとっては最後のインカレだ。1組でも多く上位進出を狙い、目に見える結果をつかみとりたい。輝け同志社。見せろ同志社プライド。(上辻創太)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について