同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > ドラ2投手攻略出来ず、黒星発進:硬式野球部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
沖縄大を撃破‼大差をつけて...
各々の記録向上へ
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ドラ2投手攻略出来ず、黒星発進:硬式野球部
2019/10/18 HEAD LINE NEWS
立命大100100101
同大000000000

関西学生野球連盟秋季リーグ戦 (2019年10月18日)

10月18日にわかさスタジアム京都(京都府)にて関西学生野球連盟秋季リーグ第8節対立命館大1回戦が行われた。杉内組最後の公式戦となる伝統の一戦。同志社は初回に先頭打者本塁打を浴びると、立て続けに追加点を献上し0-4と完封負けを喫した。


試合前にチアとハイタッチを交わすベンチ陣


同立戦1回戦の先発を任されたのはエース髙橋恭(経2)。4回生への思いを乗せてマウンドに上がった。しかし、いきなり試合は動く。1回表、先頭打者に投じた球は、綺麗なアーチを描いてスタンドまで運ばれ、先制点を与えてしまう。「予想してなかったのでそこで出鼻くじかれた」(髙橋恭)後続を抑えるも、試合は1点ビハインドからのスタートとなった。


初回、先頭打者宮崎竜(立命大)に本塁打を浴びた髙橋恭


最少失点に抑えた髙橋恭を援護したい同志社打線は、チーム打率トップの工藤(文4)が安打で出塁するも、得点には繋げられない。

すると、クリーンアップから始まる4回の立命館の攻撃、三番打者を三振に打ち取るも、四番・五番打者に連続安打を許してしまう。さらに、暴投も絡み二死2・3塁のピンチを迎える。こうなると流れは完全に立命館のものに。七番打者に左適時打を浴び、追加点を奪われる。


盗塁を刺される工藤


一方、打線は昨日のドラフトでDeNAから2位指名を受けた坂本(立命館)相手になかなか安打が出ない。実力だけでなくドラフト選出というオーラも同志社打線を沈黙させた。「後手後手で相手を上に見る感じで攻められなかった。というより相手の思うように投げさせてしまった」。(杉内)7回、リーグ戦初出場初打席の田村(法1)がチーム2本目の安打となる二塁打を放ちチャンスを作ると、本間(スポ3)が犠打を決め一死3塁とこの日最大のチャンスを迎える。しかし、続く代打・鎌倉(社3)、小川晃(商3)が連続で倒れ無得点に終わる。


今試合初出場ながら活躍を見せる田村


これで再び流れは立命館に傾く。7回に安打に加え、四死球と暴投でピンチを迎えると犠牲フライでさらなる追加点を献上してしまう。さらに、9回にもこの試合4点目となるダメ押しの追加点を奪われノックアウト。最後まで、反撃に出ることができなかった同志社は0-4と完敗を喫した。


強力打線に力投を見せた西村


まだ、今季リーグも同立戦も終わったわけではない。来年に繋げるためにも、絶対にこのまま終わるわけにはいかない。「チャンスになったら盛り上がって、だめになったらクシュンとなる。このチームのいいところでもあり悪いところ」。(杉内) 流れに乗った杉内組には、因縁のライバル立命館を前にしても圧倒する破壊力があるはずだ。わかさの地に歓喜の声を轟かせるか、一年間の集大成を見せてくれ。(文責:川瀨 蒼、撮影:久保孝太・大石きらり・岡本莉奈・藤田彩花・内藤界・水納愛実)


応援隊長藤本(商4)


スタメン


(一)小川晃


(二)工藤


(三)杉内


(四)松本(スポ4)


(五)栗林(スポ3)


(六小西幸(法1)


(七)田村


(八)本間


(九)髙橋恭


バッテリー

髙橋恭、西村(法2)ー栗林



同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について