同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 点差詰めれず敗北:バスケットボール部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
沖縄大を撃破‼大差をつけて...
各々の記録向上へ
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
点差詰めれず敗北:バスケットボール部
2019/10/19 HEAD LINE NEWS

2019年度関西学生バスケットボールリーグ戦 (2019年10月19日)

10月19日にノーリツアリーナ和歌山にて行われた関西学生バスケットボールリーグ戦、13日目。同志社は大院大と対戦し、85-106で敗北を喫した。


試合開始。


 相手のオフェンスの勢いに飲まれた第1Q。古村(商4)のシュートが光るも、相手の3Pで点差を広げられる展開に。ブザービートの3Pを許し、21点ビハインドで第1Qを終えた。(17-38)第2Q残り7分、永塘(文情4)の3Pや丸山(商1)のバスケットカウントで連続得点が決まる。田邊(商4)は相手のチームファウル5を生かし、果敢にドライブインで攻めた。詰め寄りたい同志社だったが、40-58で第2Q終了。


ドライブする田邊。


第3Q、相手にセカンドチャンスを与えてしまい点差が縮まらない。(59-82)あとがない第4Q、東(文1)の3本の3Pを含め計6本の3Pがネットに刺さる。しかし、相手の的確なシュートに歯が立たず85-106で試合は終了した。


得点に貢献した丸山。


 第1Qで広げられた点差に最後まで追いつけなかった同志社。「出だしがルーズだった」と加賀美HCは語る。次は1巡目で惜しくも1点差で敗北した対関大戦だ。雪辱を果たし、2巡目初白星を飾りたい。(藤原和奏)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について