同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 8得点で快勝![サッカー部女子]:サッカー部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔しさ滲む、まさかの敗北
笹尾組 涙のVで1部残留
第1回 時國隼輔
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
8得点で快勝![サッカー部女子]:サッカー部
2019/10/24 HEAD LINE NEWS

関西学生女子サッカー秋季リーグ2部 (2019年10月20日)

1020日、同志社大学京田辺グラウンド(京都府)にて行われた関西学生女子サッカー秋季リーグ2Aの第5節。同志社は和歌山大と対戦し、8-0と快勝。22敗でリーグを終え、結果は3位。これにより惜しくも下位トーナメントへと進出することになった。


スターティングメンバー


同志社は前半1分と2分、福田(GC3)と吉川(スポ2)が立て続けにゴールを決め、流れを掴んだ。これまでの試合では立ち上がりの悪さを課題に挙げていたが、今試合では立ち上がりから同志社のペースで試合を進めることに成功し、同7分までに3点を決めた。しかしその後は相手のDFに阻まれ、なかなかゴールを奪えない。そんな中32分、増田(スポ2)からゴール前でボールを受けた吉川が相手DFをうまくかわして見事なゴールを決めた。「周りと自分が関わって生まれたゴールだったから自分的には1番よかった」。(吉川)周りとうまく連携を取り合って生まれた、練習の成果が遺憾なく発揮されたゴールだった。前半34分には相手に連続でシュートを放たれるも、不動(スポ4)がナイスセーブを見せ、4-0で試合を折り返した。


3得点を挙げた吉川


後半になっても同志社の勢いは止まらない。同8分、CKのチャンスを得ると鈴木(スポ3)が頭でうまく合わせ5点目を追加。その後もパスでボールをゴール前まで繋いでは積極的にシュートを放ち、19分、23分にも得点を追加。27分にもセットプレーから福田がゴールを決め、8-0で試合終了。攻撃的なサッカーを体現して見せ、リーグ戦最終節を勝利で締めた。


ゴールに喜ぶ鈴木(写真左)と藤井(写真右)


「いいゲームだったと思います」。と主将・不動は笑顔で振り返った。今試合では序盤に掴んだ自分たちのペースを失うことなく、得点を積み重ねた。最後まで集中力を切らさず攻め続けた結果だと言える。監督も「チーム状態はすごく良い状態にあると思う」。と、試合を重ねるごとに一つになっていく選手たちの成長を実感している。目標としていた上位トーナメント進出は叶わなかったが、少しでも高い順位でリーグを終えれるよう、残り2試合全力で戦い抜く。彼女たちの戦いはまだ終わらない。(山口萌恵子)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について