同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > ベスト4届かず【陸上ホッケー部女子】:陸上ホッケー部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
新たに見えた課題
実力差見せつけられ2連敗
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ベスト4届かず【陸上ホッケー部女子】:陸上ホッケー部
2019/10/29 HEAD LINE NEWS

第41回全日本学生ホッケー選手権大会 (2019年10月26日)

10月26日、大井ホッケー競技場(東京都)にて第41回全日本学生ホッケー選手権大会準々決勝が行われた。同志社は山梨学院大と対戦し、11ー0で敗北。ベスト4進出とはならなかった。


全国トップレベルを誇る山梨学院。昨年のインカレでも対戦し、敗北した相手だ。個々の強さが目立つ相手に対して失点を最小限に抑えられるよう、入念な準備をして挑んだ。


しかし、強豪相手に思うようなプレーができない。FWから強いプレッシャーを与えるプレースタイルが噛み合わず、PCでの得点も含め第1Qで4点を奪われた。第2Qに入り、ゴール付近では複数で壁を作って得点を粘り強く防ぐようになる。しかしPCのピンチで止めきれず7-0と大きな差をつけられ前半を折り返した。


PC時の同志社


チーム全体で試合に対する意識統一を行うことができてきた後半、第3Qは無失点に抑え最後の15分を迎えた。疲れを見せない相手に対し、同志社も必死の守りを見せる。「自分が沈んでしまってはいけない」。主将原田(同女3)は声を張り上げ、最後までチームを鼓舞し続けた。しかし反撃をすることができないまま11ー0で試合終了。ベスト4の壁を越えることはできなかった。


2人でボールを奪いにかかる左:稲本(心理2)、右:今井(商1)


相手の突破を防ぐ同志社


インカレでは相手のペースに合わせがちなこと、個人の実力不足という課題が浮かび上がった。全国の舞台での経験を糧に1ヶ月後の秋リーグへと挑む。有終の美を飾れるか。さらなる成長に期待がかかる。(久保友紀恵)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について