同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 笹尾組 涙のVで1部残留:アメリカンフットボール部
2020年度関西学生春季テ...
2020年度関西学生春季テ...
主将セレクション「フィギュ...
主将セレクション「レスリング部」
最後の戦い
インカレ終幕、生まれた覚悟
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
笹尾組 涙のVで1部残留:アメリカンフットボール部
2019/12/15 HEAD LINE NEWS

2019関西学生アメリカンフットボールリーグ (2019年12月14日)

12月14日、王子スタジアム(兵庫県)で行われた2019関西学生アメリカンフットボールリーグDiv1-2入れ替え戦。同志社は甲南大と対戦し、35-8で勝利した。この結果、Div1残留を決めた。



35-8で快勝した



持ち味としてきた守備が今試合でも光った。第1Qを無失点に抑えると、第2Qでも堅守を見せる。すると第2Q8:29、甲南大がロンリーセンターの隊形から蹴ったパントを毛綿谷(スポ4)が好リターン。左サイドライン際を駆け上がり、先制タッチダウン(TD)を決めた。これ以降は点数の変動無く、試合を7-0で折り返した。



守備をけんいんした主将のLB笹尾(右・商4)、DL岡本(左・理工4)


リターンする毛綿谷



残留に向けて勢いに乗りたい後半。その最初のキックオフで魅せた。リターナーの位置についた松ヶ迫(経3)が右から左方向へ緩やかに上がると、そこには大きな穴が。一気に駆け抜け、そのままTD。リターンTDでモメンタムを引き寄せた。これに勢いづいたオフェンス陣は、第3Q5:06にQB石田(商1)が落ち着いてWR丹澤(商2)へパスを決め、甲南大を突き放す。守備陣も前半に引き続き堅い守備で、流れを渡さなかった。



駆け抜ける松ヶ迫


パスの構えをする石田(左)



第4Q中盤には逆転を狙う甲南大に1本のTDを許したが、RB鳥山(理工4)のランを含む2本のTDで点差を拡大する。一矢を報いようとする相手のパスをDB陣がしっかりとカバーし、試合終了。快勝を収め、1部リーグ残留が決まった。



ボールキャリーする鳥山


涙をこらえながら最後の挨拶をする笹尾



1部の意地を見せつける結果となった。笹尾は「『勝つべくして勝つ』ということを体現できた。最高です」。これで笹尾ら4年生は引退。リーグ戦は同率6位(7位扱い)となり、掲げてきた「歴史を変える」ことは叶わなかった。それでも、「もっと1部の上位に食い込めるはず」(笹尾)。4年生がつないだ伝統と1部の誇りを胸に、後輩たちはさらなる躍進を目指す。

【文責・上野孝輔、撮影・中島右京、松村学、内藤界】



全体集合写真

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について