同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 課題残るも初戦白星スタート:軟式野球部
第46回西日本フィギュアス...
第46回西日本フィギュアス...
無念のリーグ初黒星
'20ルーキー特...
秋季リーグ2位で閉幕!
本部の仕事とは
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
課題残るも初戦白星スタート:軟式野球部
2020/09/01 HEAD LINE NEWS
関西大01002000
同志社大00510004

関西六大学軟式野球秋季リーグ (2020年9月1日)

9月1日、豊中ローズ球場(大阪府)で行われた、関西六大学軟式野球秋季リーグ第1戦。炎天下の元の試合となったが同志社は10対3で快勝した。この試合について主将・丸井(政策3)は「開幕初戦の難しい試合だったが打線がしっかり繋がりよかった」と振り返った。

先発は下川(経2)。4回まで1失点と好投を見せ、3回にはバントで自ら出塁し得点を稼いだ。
好投を見せた下川

2回に1点のリードを許し、同志社ベンチが勢いづいた3回。先頭星野(経2)がヒットで出塁し、それに続き下川のバント、片桐(法2)のセンター前ヒットで1点。「普通に打ったらホームランだった」と清々しい笑顔で語る4番川邊(政策3)の活躍もありこの回一挙5得点で逆転に成功する。

リードを作った同志社は強い。4回に5打席4打点の天内(法4)が魅せる。2アウトで迎えた打席で見事なホームランを放った。「おっさんパワーで木崎とチームを引っ張る。」4回生が2人というチーム状況で使命感から魅せた見事な一本であった。
ガッツポーズをみせる天内

球場全体に鈍い音が響いた。5回守備で川端(政策3)と片桐がフライを取る際に交錯し、両者チームメイトの肩を借りながらベンチに戻った。チームは守備総替えを強いられ、6回から木崎(商4)がマウンドに立つ。打たせて取るピッチングで危なげなく投げ切った。
セットアッパーとして登板した木崎

8回も先頭星野のヒットから連打と相手のミスの間に4得点をあげ10対3で快勝した。

主将・丸井は打線はこの調子を維持してもらい、ピッチャー陣にはまだいい投球を期待すると述べた。例年は、このリーグで優勝・準優勝した大学が西日本大会に出場するが今年は新型コロナウイルスの影響で大会は中止となったが今年も「全勝優勝」を目標に掲げ、リーグ戦を駆け抜けていく。(文責:江川なつき 撮影:杉山友基)
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について