同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > あと一歩届かず4連敗:硬式野球部
2020ムロオ関西大学ラグ...
2020ムロオ関西大学ラグ...
大健闘!関西インカレ終幕
悔しさ滲む敗戦
'20ルーキー特...
3人の絆
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
あと一歩届かず4連敗:硬式野球部
2020/09/26 HEAD LINE NEWS
同志社0000000011----2
関学大000000001----3

関西学生野球連盟秋季リーグ戦 (2020年9月26日)

9月26日にほっともっとフィールド神戸(兵庫県)で行われた、関西学生野球連盟秋季リーグ戦第4節対関学大一回戦が行われた。リーグ優勝のために負けることが許されない一戦で同志社は、延長10回の接戦の末、サヨナラ負け。リーグ優勝は厳しいものとなった。


敗北し悔しい表情を見せる栗林(スポ4)と四川(社4)


日が沈み、照明の光が灯るなか行われた初の第三試合。序盤は静かな展開を見せる。同志社の先発はエース髙橋恭(経済3)。ストレートを中心に時折見せる変化球で相手打線を翻弄。八回まで三塁を踏ませない投球を見せた。一方の打撃陣は幾度となく走者を得点圏に進めるも、石丸(関学大)の力投の前に得点を奪うことができない。両投手の好投で、スコアレスの展開となった。

九回表に突如均衡が破れた。1死から所村(GR3)が死球で出塁、続く塚本(商1)の打席で牽制球に引っかかるもそのまま二塁に到達。思わぬ形でチャンスを作ると、塚本がストレートを捉え適時二塁打で先制点を奪う。


タイムリーを放った塚本


九回のマウンドに立った髙橋恭は先頭打者に安打を許すもその後は抑え、2死二塁とした。続く打者の打球が一塁へと転がり勝負は決したかと思われた。しかし、所村のトスが悪送球となり、その間に二塁走者が生還。勝利まであと一歩の所で同点に追いつかれてしまい、試合は延長戦へともつれ込んだ。

タイブレークとなった10回。同志社は犠飛で勝ち越しに成功する。しかし、その裏にバントで二、三塁とされると代打が放った打球が右中間へと落ち、ランナー二人が生還。サヨナラ負けを喫した。


立ち尽くす髙橋恭


本塁が遠かった。同志社は幾度となく得点圏にランナーを進めていたが相手投手を打ち切れず、エースの力投に応えることができなかった。この試合を落としたことで現在4連敗となり優勝への道はさらに険しいものとなっていった。残された試合は後五戦。後がなくなった四川組は総力を挙げ白星を目指す。

(文責:杉山友基、撮影:上野孝輔、藤田彩花)


スタメン

(一)青地

(二)四川

(三)小川晃

(四)田村

(五)所村

(六)塚本

(七)栗林

(八)橘髙

(九)髙橋恭


バッテリー

髙橋恭ー栗林

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について