同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 接戦の末、連敗脱する:硬式野球部
2020ムロオ関西大学ラグ...
2020ムロオ関西大学ラグ...
大健闘!関西インカレ終幕
悔しさ滲む敗戦
'20ルーキー特...
3人の絆
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
接戦の末、連敗脱する:硬式野球部
2020/09/27 HEAD LINE NEWS
関学大101000010-----3
同志社00101101X-----4

関西学生野球連盟秋季リーグ戦 (2020年9月27日)

9月27日にほっともっとフィールド神戸(兵庫県)にて、関西学生野球連盟秋季リーグ戦第4節対関学大2回戦が行われた。4ー3でシーソーゲームを制し、連敗に歯止めをかけた。


予断を許さない一戦だった。先発を任された東山(心理2)が初回に失点。3回表でも四球、右安打の後、捕手城下(法3)の捕逸により追加点を許した。前節の二回戦同様、継投策で挑んだ投手陣。5回表からは、1点ビハインドの状況を任された髙橋佑(スポ2)が好投を見せ相手打線を封じ込めた。試合終盤には道端(法2)、都築(経4)、西村(法3)とそれぞれが任されたイニングを投げ切り、相手に攻撃の隙を与えなかった。



登板する髙橋佑



3回裏、昨日値千金の一打を放った塚本(商1)が今日も存在感を発揮する。今季初の本塁打で同志社に勢いをつけた。「ようやく出たか」(澁谷監督)と指揮官も待ちわびた一発だった。



本塁打を放った塚本



同志社の猛攻は止まらない。安打を量産し、次々と得点圏へランナーを進める。5回裏では所村(GR3)が出塁すると、続く鎌倉(社4)の中二塁打で1死二、三塁のチャンスを作る。本間(スポ4)の犠打により同点へ追いつき試合を振り出しへ戻した。さらに6回裏、攻撃は髙橋佑の大学初安打から始まった。塚本の送りバントで無死二塁とすると、攻守ともに活躍をみせる髙橋佑に続けと主将四川(社4)が放ったボールは左中間を抜けた。この一打で3ー2とし、優勢で終盤を迎える。



適時打を決めた四川



しかしそう簡単に勝たせてくれる相手ではない。先頭打者の左中間を抜ける三塁打から打線をつながれ、またも同点に。


8回裏、代打山下樹(商4)の一振りが再び好機を生む。2死三塁の緊迫した場面は四川に託された。「しっかりここで決めないと」と意気込み、ライト前に弾き返す適時打を決める。これが決勝打となり4ー3で勝利を収めた。



好機を生んだ山下樹



一進一退の攻防を制し、ようやく勝利をつかんだ。「今日の勝ちをしっかりと次につなげたい」(四川)。この勢いのまま、昨年の秋季リーグでは2連敗を喫した京大にリベンジを果たす。

(文責:小澤菜穂、撮影:由良恭子、片木香穂)


スタメン

(一)塚本 

(二)四川 

(三)小川晃 (商4)

(四)田村 (法2)

(五)所村 

(六)鎌倉 

(七)本間 

(八)城下 

(九)東山 


バッテリー

東山、髙橋佑、道端、都築、西村ー城下

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について