同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 意地を見せた一戦[男子ハンドボール部]:ハンドボール部
2020ムロオ関西大学ラグ...
2020ムロオ関西大学ラグ...
大健闘!関西インカレ終幕
悔しさ滲む敗戦
'20ルーキー特...
3人の絆
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
意地を見せた一戦[男子ハンドボール部]:ハンドボール部
2020/10/04 HEAD LINE NEWS

Substitute match 2020 (2020年10月4日)

10月4日にsubstitute match 2020・第3戦が関西福祉科学大学(大阪府)にて行われた。京産大を相手に19対16で勝利した。

気合を見せる渋沢(スポ健2)、山崎(スポ健3)


前半、三連続得点を挙げた同志社。このまま流れに乗りたいところだったが、小さなミスが続き、幾度ものチャンスをものにできない。堅いディフェンスで相手からシュートを守っても、オフェンスがうまく噛み合わず得点を決めることができない時間が続く。流れを掴み切れず、ロースコアの9対7で前半を折り返す。


前半から奮闘した大森(商1)


盛り上がるベンチの様子


迎えた後半。立ち上がりは良かったものの京産大もコツコツと点数を重ねる。相手キーパーの堅守にも苦しみ、試合開始20分には同点に追いつかれ、試合は振出しに戻る。追い詰められた状況下、木村(商4)が2連続得点。それに続き、勝敗の決め手ともいえる2つの追加点を新垣(文情1)が決めた。「必死にディフェンスしたことによって、ボールをカットし、得点につなげられた。連続で決めることができてとても嬉しかった」(新垣)。最後は同志社の意地を見せつけ、19対16で白星をあげた。


果敢にシュートを打つ木村


連続得点を決めた新垣


ここまで3試合全て勝ち続けている今井組。アップの時から全員で盛り上げ、良い雰囲気の中、生き生きとした顔つきで毎試合挑んできた。チームの結束力は日に日に強くなっている。来週控えるは因縁の相手、大体大。去年のリーグ戦では1点差で惜しくも白星を逃した。主将の今井(商4)は「目標としてきた試合。後悔がないように全部出し切って、体がちぎれるくらいの気持ちで挑む。」と話す。彼らが目指すは関西リーグ制覇だ。今年の同志社の力を見せるべく、大体大を撃破せよ!!(文責・中村真菜、撮影・佐々木太一)



同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について