同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 無念の敗北:硬式野球部
2020ムロオ関西大学ラグ...
2020ムロオ関西大学ラグ...
大健闘!関西インカレ終幕
悔しさ滲む敗戦
'20ルーキー特...
3人の絆
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
無念の敗北:硬式野球部
2020/10/12 HEAD LINE NEWS
京大002201000-----5
同志社010001000-----2

関西学生野球連盟秋季リーグ戦 (2020年10月12日)

10月12日にほっともっとフィールド神戸(兵庫県)にて、関西学生野球連盟秋季リーグ戦第6節対京大2回戦が行われた。三連勝を挙げ、同立戦に向け弾みをつけたいところだったが、2-5で敗北を喫した。京大相手に2連勝とはならなかった。


立ち上がりは好調だった。先発東山(心理2)が隙を与えないピッチングで2回まで三者凡退に抑える。続く2回裏、小西幸(法2)が右二塁打で出塁。その勢いにのり、鎌倉(社4)がタイムリーヒットを打ち、先制点を決めた。鎌倉は「調子的にはいい感じだったので、甘いところきたら全部いったろうっていう感じで振り抜いた」と振り返った。


先発を任された東山


しかし三回表、東山の制球難から崩れ始める。先頭打者の左安打に続き、左二塁適時打によって2点を奪われた。その後も京大打線の勢いは留まらず、4回にはさらに2点の追加点を挙げられる。

3点ビハインドの中迎えた4回裏。四球やヒットで一死満塁とチャンスが到来。しかし、続く髙尾(政策4)、小川晃(商4)が打ち取られ、得点とならなかった。


連続得点を挙げられる


反撃を図り挑んだ後半だったが、開始早々右三塁打で一気に得点圏にランナーを進められる。続く打者に右犠飛を放たれ1失点。同志社はその裏に相手のミスから一点奪うも、差は縮まらない。9回には片山(文情2)が、中二塁打を放つも後が続かず、2-5で無念の敗北となった。


中二塁打を挙げた片山


幾度となくチャンスは作れていたが、そこから得点に繋げることができなかった今試合。

残す試合はあと立命戦だけとなった。「学生野球生活を締めくくれるように頑張りたい」(四川・社4)。険しい道のりは最後まで続くだろう。有終の美を飾るべく、同志社の総戦力を挙げ、立命を圧倒せよ。(文責:中村真菜、撮影:内藤界、福田千乃)


スタメン


(一)小川晃 

(二)青地 

(三)四川 

(四)城下 (法3)

(五)小西幸 

(六)鎌倉 

(七)塚本 (商1)

(八)本間 (スポ健4)

(九)東山 


バッテリー

東山、高橋佑、都築ー城下


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について