同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 悔しい2連敗[サッカー部女子]:サッカー部
2020ムロオ関西大学ラグ...
2020ムロオ関西大学ラグ...
大健闘!関西インカレ終幕
悔しさ滲む敗戦
'20ルーキー特...
3人の絆
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
悔しい2連敗[サッカー部女子]:サッカー部
2020/10/14 HEAD LINE NEWS

関西学生女子サッカー秋季リーグ2部 (2020年10月11日)

10月11日に帝塚山学院大学(大阪府)にて、関西学生女子サッカー秋季リーグ2部Bブロック第2節が行われた。同志社は大教大と対戦し、1-3で敗れた。


1部昇格を目指す彼女たちにとって、今試合は絶対に負けられない一戦だった。序盤から両校譲らぬ攻防が繰り広げられ、白熱した展開が続く。

先に均衡を破ったのは同志社だった。前半29分、ペナルティエリアの少し外側でボールを受けた福田(GC4)が放ったミドルシュートが、ゴールネットに突き刺さる。貴重な先制点を挙げ、チームを勢いづけた。その後も攻め続けたがスコアは変わらず、1点リードで前半を折り返す。



積極的に攻撃参加した岸田(GR2)



後半も、前半と同様の試合展開が続いた。後半7分、CKのチャンスからゴール前の吉川(スポ3)が枠を狙ったが、シュートは相手キーパーに弾かれる。同18分、相手が右サイドから放ったループシュートがゴールに収まり、同点に追いつかれる。同点ゴールを決められた後もすぐに切り替え、同志社イレブンは勝利に向かって走り続けた。

しかし27分、相手のFKから、ゴール前での混戦の末ゴールを献上。逆転を許してしまう(1-2)。その後もボールを奪っては前線へと送り、果敢に攻撃を続けた。



失点シーン



悪い流れを断ち切ることができなかった。35分、またもや失点し、さらに追い込まれる。諦めずにシュートを連発するも、再びゴールネットを揺らすことはなかった。1-3で試合は終了し、リーグ2連敗となった。

目標としていた1部昇格への道は閉ざされたが、まだ戦いは終わっていない。同志社なでしこは、最後まで走り続ける。(文貴・山口萌恵子、写真・野村大智)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について