同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 雪辱を果たす:バスケットボール部
SO戦制し大勝利!【陸上ホ...
籠谷、関カレ連覇!
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
雪辱を果たす:バスケットボール部
2020/10/25 HEAD LINE NEWS

関西学生バスケットボールリーグ戦 (2020年10月24日)

10月24日に東淀川体育館(大阪府)で行われた関西学生バスケットボールリーグ戦、10日目。同志社は関大と対戦し、65-52で勝利を収めた。


攻守ともに気迫を感じられないスタートを切った。残り2試合、悪い流れを引きずって負けるわけにはいかない。チームを鼓舞するため、万久里(政策4)が先陣を切った。巡ってきたチャンスを逃さず、ドライブインや3Pで次々と得点。1試合27点を決めた万久里の活躍もあり、なんとか1桁差で前半を終えた。(第1Q 9-18、第2Q 24-32)



主将の意地を見せた万久里



8点ビハインドで迎えた第3Q、徐々に流れをたぐり寄せる。声掛けやローテーションが機能し、チームディフェンスで失点を抑えた。ディフェンスが軌道に乗り始めると、それに作用するようにオフェンスにも活気が戻り始める。「(相手チームに)弟がいて負けられなかった。でもそれ以上に、マック(万久里)は今週で最後やし悔いのないようにやろうと思った」(福島・スポ3)。相手の嫌がるところにパスを出すなど経験値を生かしたプレーでゲームを作り直した。(第3Q 43-43)



盛り上がるベンチ



試合が振り出しに戻り、もう一度全員で気合を入れ直す。苦しかった前半から一転、東(文2)の3Pを皮切りに、勢いに乗った同志社の攻撃は止まらない。丸山(商2)がゴール下で存在感を見せ、得点に大きく貢献した。ディフェンスもプレッシャーを与え続け、最後まで気を緩めない。「今年成長したのはコートで修正していいゲームに持っていけること」と話した万久里。後半に弱い同志社の殻を破り、見事な粘り勝ちで次戦に弾みをつけた。



ハイタッチを交わす丸山



苦しい試合もあったが、着実に成長を見せた今リーグ戦。主将・万久里の背中を見て、1人1人の責任感が強くなっていく様子が感じられた。「(万久里は)苦しい時も気落とさずに、1人でしんどいのにやってくれた。マックがほんとによかったと思ってくれるような試合がしたい」(加賀美HC)主将はみんなのために、みんなは主将のために。集大成にふさわしい最後を飾る。(文責・藤原和奏、写真・片渕千尋)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について