同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > あと一歩届かず、終幕:硬式野球部
SO戦制し大勝利!【陸上ホ...
籠谷、関カレ連覇!
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
あと一歩届かず、終幕:硬式野球部
2020/10/25 HEAD LINE NEWS
同志社000000100-----1
立命大20100000×-----3

関西学生野球連盟秋季リーグ戦 (2020年10月25日)

10月25日に阪神甲子園球場(兵庫県)にて、関西学生野球連盟秋季リーグ戦第7節対立命大2回戦が行われた。最終戦を勝利で飾りたいところだったが、チャンスをものにできず1-3で敗北。四川組の秋季リーグは幕を閉じた。


試合前、チームを鼓舞する四川


初回に先制点を取り波に乗りたい同志社は、2死から杉森(法2)が四球で出塁に成功。前日に決勝打を放った4番小西幸(法2)も左安打で続き、いきなり得点圏にランナーを進める。しかし、後続が倒れ先制点には繋がらない。その裏、連続安打で2死二、三塁とされると、続く打者が右適時打を放ち、2点を先制される。


2回からは西村(法3)がマウンドに上がり、テンポの良い投球で相手打線を抑えた。しかし3回裏、3番打者に変化球をバックスクリーンに運ばれ、追加点を許す。なおもピンチは続いた。4回裏、1死二塁とされ、続く打者に左安打を許す。これ以上点を与えることはできない。これまで中継ぎとしての役割を忠実に果たしてきた西村がここでも粘り強さを見せつけた。後続を打ち取り、ピンチを切り抜ける。


好投を見せる西村


3点ビハインドのまま試合は終盤を迎えた。2死一、二塁でバッターボックスには代打の片岡(経4)。「人生最後の打席って覚悟していた」。片岡のバットは初球をはじき返し、中適時打で一点を返した。チャンスは続くが、後続が三振に倒れ、追加点とはならなかった。


中適時打を放った片岡


9回表、何としてでも逆転したい同志社だったが、立命大のマウンドにはドラフト候補とされる有村が立ちはだかった。際どいコースを攻められ、あっという間に追い込まれる。ここまで大活躍のルーキー塚本(商1)に最後の望みを託したものの、あと一歩及ばず、1-3で敗北を喫した。


試合後に集合写真を撮る部員たち


同志社は4位という結果で秋季リーグを終えた。「僕だけの力ではここまでチームを作り上げることはできなかった」(四川・社4)。最終戦となった今日の試合では、4回生が先輩として最後の意地を見せつけた。「後輩は今まで以上に頑張ってもらってリーグ優勝、そして神宮に行ってほしい」(仲野・法4)。思いはしっかり次の世代へと受け継がれた。

(文責:箕浦祐芽、撮影:内藤界、上野孝輔)


スタメン

㈠小川晃 8

㈡四川 5

㈢杉森 7

㈣小西幸 3

㈤鎌倉 9

㈥城下 2

㈦塚本 6

㈧本間 4

㈨東山 1


バッテリー

東山、西村、髙橋佑ー城下

仲野、都築ー栗林

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について