同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 前半苦戦するも粘り勝ち:ラグビー部
SO戦制し大勝利!【陸上ホ...
籠谷、関カレ連覇!
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
前半苦戦するも粘り勝ち:ラグビー部
2020/11/08 HEAD LINE NEWS

2020ムロオ関西学生ラグビーAリーグ (2020年11月8日)

11月8日、鶴見緑地競技場(大阪府)にて2020ムロオ関西大学ラグビーAリーグ第1節対関西大学戦が行われた。待ちに待った開幕戦、同志社は33-31で関大に勝利。最後まで粘りのプレーを貫き、白星発進した。


キックオフまで緊張の時間が続いた。両チームとも開始時刻より早くグラウンド入り。ようやく始まるリーグ戦に誰もが胸を高鳴らせた。グラウンドに立つ選手、スタンドから見守るチームメイト、観客ら全員が緊張の面持ちで開幕の瞬間を迎えた。


前半開始5分、先制したのは関大だ。同志社のノットロールアウェイからペナルティーゴールを決められてしまう(0-3)。同8分には自陣10mライン左サイドで関大にラインアウトを許し、展開されたボールを止めきれず被トライ(0-10)。連続して得点されてしまった。しかし同12分、ついに同志社が点を追加する。敵陣10-22m左サイドで同志社がラインアウトを獲得。モールから展開したボールを大外のWTB岡野(商1)が手にし、今季初トライを決めた(7-10)。



1年ながら存在感を見せた岡野


岡野のトライから同志社に流れを引き寄せられるかと思われたが、敵陣でプレーするも攻めきることができない。関大の勢いに必死に食らいつく展開となった。粘りのディフェンスを続けるもフェーズを重ねられ、前半36分インゴール中央にトライを許した(7-17)。

やられてばかりではいられない。同38分、FB笠原(法2)のハイパントキックに田村がトップスピードで走り込んだ。関大SOと競り合うも、見事トライを決め会場を沸かせた(14-17)。このまま前半終了かと思われたが、同41分またしても関大に取り返される(14-24)。10点ビハインドで前半を終えた。


POMに選出された田村


後半開始直後ゲームは動いた。関大のノックオンから同志社が一気に攻め入る。CTB稲吉(商3)がディフェンスを振り払いインゴール中央にトライを決めた(21-24)。続けて同4分、田村から岡野へ展開しトライ(28-24)。ついに逆転するもわずか4点差で油断はできない。必死の攻防でさらなる加点を狙うも関大の前に出るディフェンスに阻まれる。それでも諦めず攻め続けた。同37分、関大のオフサイドによる同志社へのアドバンテージが出ている中、強気に攻めた同志社に勝機が訪れる。敵陣ゴールライン間際でのラインアウトモールに稲吉、岡野も加わり押し込む。HO谷本(法2)のトライで5点を追加した(33-24)。再び点差を広げるも、関大の勢いは止まらない。同39分に左サイドから右サイドへと大きく展開しディフェンスのギャップを攻められ被トライ(33-31)。逃げきる形でのノーサイドとなった。


タックルをする中尾(FL・政策4)


試合数が少ない今大会において、1試合ごとの勝敗は今まで以上に重視される。2年連続の選手権出場に向け負けられない戦いが始まった。関大の勢いに押され同志社に流れを引き寄せられぬ苦しい展開ではあったが、開幕戦を白星で飾った。粘り強いプレーが勝利に繋がった今試合を武器にし、次節の立命大戦もチャレンジャーマインドでひた向きに攻め込んで欲しい。

【文責:米澤千種、撮影:内藤界】


○選手コメント

キャプテン・FL中尾泰星(政策4)

--前半の展開について

最初の方から相手を受けてしまって、強気のプレーができなかったっていうところがこの試合を通してしんどかったところで、課題として淡々としてラグビーをしていたというか。良いプレーが起こっている中でも盛り上がったりとか一体感が欠けていたというか。今日の試合その中でも勝ち切れたっていうことがでかいと思うので次に繋げていきたいと思います。


--今日の課題

ディフェンスは良かったのでオフェンスのノットリリースが取られたというところ。ボールキャリアの寝方やったり、レッグドライブに対してもできてなかったので、そこで前に出られてたら自分達の良いところだったと思うので、ちょこちょこ寝てたってところが課題やったと思います。


--ハーフタイムでキャプテンとして声をかけたこと

初めて前半ビハインドで折り返して、たしかに崩されてトライを取られたこともあったんですけど、ちょこんとボールが出て相手に行かれてしまったりだとか、アンラッキーなトライもあったのでそこはしっかり切り替えていこうと。後半この点差を覆すためにも最初に行くぞって言っていた中で岡野がとってくれたので、あそこで乗れたっていうのは大きいですね。


--立命大戦意気込み

いつも言っているんですけどもう一回チャレンジャーの気持ちで。今日立命は京産に良い試合をした中で負けたっていうことで、牙向いてくると思うのでそこを受けずに同志社のラグビーを見せていきたいと思います。


バイスキャプテン・PR栗原勘之(経4)

--今日の総括

1試合目やって、一つ目の試合の内容からすると、今日のゲームというのは、よくなかった。自分たち的には100点ではないゲームだったんですけど、開幕ずっと落とし続けてて、去年もしんどい中、勝ったということを考えたら、勝ったことがいちばんの収穫かなと思います。


--前半ビバインドで終わって、後半監督からはどういう指示?

必ず試合には出ると言われていたので、僕だけじゃなくて、リザーブ陣、常に準備して、ゲームに入っていったら、ゲームを変えようってお互い声かけをしていましたね。


--苦しい時間はどう乗り越えた?

中でやっている選手は、すごいしんどいゲームやったと思うし、今日の同志社はすごい勢いがなかったと思うので、特にそこは、自分がいつもやっているように、声を張り上げて、チームを鼓舞することをまずは意識しました。


--後半のモールのトライがあったが、声かけは?

うちは特にFW、セットプレーをこだわって、ずっとやってきている部分があるので、その強い形を出せたのが、良かったかなと思います。


--次戦に向けての意気込み

常に我々はチャレンジャーなので、どの相手に対しても、自分たちの100%を出すというところにフォーカスして、もう一回自分たちのスローガンであったり、目標に立ち返って、いいラグビーができたらなと思います。


SO田村魁世(スポ3)

--全体の総括

前回関大と試合した時は入りが良かったんですけど、今回は相手の勢いに負けて入りが悪かった印象があります。で、うまくこっちに流れが来たと思ったけど、また流れが相手に行ってしまったり、結構拮抗してたんですけど、最後粘って、ずっとコロナ明けフィットネスやっていたので、走り勝ったかなって感じです。


--今日の関大戦に当たってどうゆうゲームにしようとしていたか

とりあえずチャレンジャーマインド。前回勝っているけどそれ関係なく。チャレンジャーマインドもって体当てて前向いて行こうって言ってました。


--前半最後のトライはどうゆう気持ちで挑んだか

流れが相手だったので、キックオフからうまくこっちに流れを引き寄せられるようにってことを意識してやっていました。


--前半苦しかったが、ハーフタイムどんな話をしたか

雰囲気が暗かったので、Jrがこの1週間いい雰囲気だったことを意識して、辛い状況でも顔を上げて雰囲気から上げていこうと話してました。


--POMを取った感想と取った理由はどこにあると考えるか

トライでちょっと流れを取り戻せたことと、キック前半多くて、前半エリアマネジメントが結構できたかなと。後半は風下になっちゃって、エリア全然取れなかったので、それを課題に頑張っていきたい。


--次戦に向けて

今回開幕でみんな緊張していて、あんまり思ったようなプレーができなかったんですけど、それが次につながるいい課題を気づけた部分だし、それを勝てたってゆうことが一番大きいと思う。次はもっと選手間でミーティングして、次波に乗っている立命にしっかり勝って一位通過できるように。


WTB岡野喬吾(商1)

--今日の試合の総括

苦しかったですけど、同志社の80分走れるということが出せて、粘れたのでよかったです。


--初トライの感想

素直に嬉しかったです。


--試合に挑んだ気持ち

楽しもうと思っていました。


--先輩からは

思い切ってやれしか言われませんでした。


--後半の苦しい展開に原因

相手が思ったことをさせていたんで、そこをさせないようにしたらもっと楽な試合だったと思います。


--ハーフタイムで話したこと

とにかく攻めて攻めてチャレンジャーの気持ちで行こうと話していました。


--関大の圧について

開幕戦ということで相手もめっちゃ気合入っていて、こっちもちょっとそれに押されていたので、次の試合からはそこで押されないように初めから圧倒していきたいです。


--トライのコミュニケーション

外が空いていたので行こうと話していました。


--次の試合に向けて

出られたら今日以上の活躍をしたいです。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について