同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 京産大を圧倒[Jr.リーグ]:ラグビー部
SO戦制し大勝利!【陸上ホ...
籠谷、関カレ連覇!
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
京産大を圧倒[Jr.リーグ]:ラグビー部
2020/11/11 HEAD LINE NEWS

関西大学ラグビーJr.リーグ交流戦 (2020年11月7日)

117日に行われた関西大学ラグビーJr.リーグ交流戦対京産大戦はコロナウイルス感染予防のため、無観客での試合開催となった。


円陣を組む選手


試合は前後半を通して同志社ペースで試合を進め、64-12で大勝した。特にラインアウトでは何度もスチールする場面が見られ、一方的な展開に持ち込むことができた。前半はキックを有効的に使い敵陣でゲームを進め、敵陣でのターンオーバーからトライを重ねた。後半は1対1のコンタクトの部分で優位に立ち、テンポのいいアタックを展開。FWで多くトライを取り切った。(文責:野村大智、写真提供:ラグビー部)


終始優位に立ったラインアウト

 

【スターティングメンバー】

1.福島吏基(4)

2.野田廉(1)

3.西口聖一郎(スポ3)

4.依藤隆史(心理3)

5.馬渡仁之祐(スポ2)

6.小島雅登(2)

7.鈴木康生(スポ2)

8.木原音弥(スポ3)

9.新和田錬(2)

10.本山永士(3)

11.内田遥太郎(政策1)

12.西村海音(2)

13.市川亮太(1)

14.山口楓斗(3)

15.芦塚仁(1)

 

【試合結果】

同志社大学64-12京都産業大学

 

・前半26得点

7:新和田トライ、ゴールK成功

13:内田トライ、ゴールK不成功

21:西口聖トライ、ゴールK成功

26:内田トライ、ゴールK成功

・後半38得点

13:木原トライ、ゴールK成功

24:土堂トライ、ゴールK成功

28:サムエルトライ、ゴールK成功

30:木原トライ、ゴールK成功

35:西村高トライ、ゴールK不成功

38:石井智トライ、ゴールK不成功

 

【コメント】

○ゲームキャプテン・木原音弥

――今日の試合の総括

今回の試合は、雨でミスも多かったのですが全員がそのミスで気持ちを切らすことなくカバーし合うことができ、チームとして成長できた試合でした。

 

――勝因は

この一週間の練習を通して全員で声を出して雰囲気を作ってきました。この一週間の良い雰囲気が今回の試合の勝ちに繋がったと思います。

 

――今試合で活躍した選手数名とその理由

野田廉

→1年生ながらリーダーシップを取ってチームを引っ張ってくれました。また、フィールドでも体を張ったプレーでチームに良い流れをもたらしてくれました。

 

馬渡仁之介

→ボールを持ったら必ずゲインしてアタック¥の核となってくれました。ラインアウトディフェンスでも良い働きをしてくれました。

 

市川亮太

→広い視野でうまく外にボールを振ったり、力強いボールキャリーでゲインをとってくれました。1年生ながらBKの核としてチームの勝利に貢献してくれました。

 

○馬渡仁之祐

――今日の試合の総括

練習からジュニアの雰囲気がよく、若いメンバーだったのでしっかりチャレンジしようという話が出ていて、試合も前半から主導権を握り続けることができた。練習でやってきたことが顕著にあらわれたと思います。

個人的にはAチームでの出場機会が少なかった分、しっかりアピールしようと思っていて、80分間通して良いパフォーマンスができたと思います。

 

――ラインアウトディフェンスで意識したこと

相手にクリーンに取らせないことを意識していて、何本もスチールできたのでよかった。

 

○野田廉

――今日の試合の総括

接点で勝てた印象でした。

 

――何を意識して試合に挑んだか

初めての試合だったので全力で試合することです。

 

○市川亮太

――今日の試合の総括

今日の試合はチーム全体で80分間良いコミュニケーションが取れていて、DFから勝利につなげることができました。

 

――何を意識して試合に挑んだか

グラウンドコンディションが良くない状況だったので、1体1の部分でしっかり体を当てることができました。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について