同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 笑顔で終幕:サッカー部
令和3年度関西学生バドミン...
令和3年度関西学生バドミン...
主将セレクション「卓球部男子」
主将セレクション「卓球部女子」
関西シングルス優勝!リーグ...
快勝で幕開け
’21春 新入生歓迎号
ラグビー特集号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
笑顔で終幕:サッカー部
2020/11/23 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカーリーグ1部 (2020年11月21日)

11月21日、水口スポーツの森陸上競技場(滋賀県)で行われた関西学生秋季リーグ最終節vs大院大戦。同志社は2-1で有終の美を飾った。


スタメンには前節と同じ面々が揃った。


スターティングメンバー


冷たい北風が吹きつけるなか行われた今節。相手は同じ1部昇格組の大院大であり、互いの意地と意地がぶつかり合う一戦となった。


前節からプレースタイルを変更した同志社。今節も同様にダイレクトプレーで相手ゴールを狙う。しかし、前節とは異なりこのスタイルがうまくはまらない。ボールを持つ時間は長く、チャンスこそあったものの最後を決め切ることができずもどかしい時間が続く。一方で、相手のカウンター攻撃にも冷静に対応した柴崎(法4)や敷田(社3)を中心とするDF陣の活躍によりリスクは取り除かれ、相手に得点の隙を与えなかった。そのため、お互い一歩も譲らない状況が続き、スコアレスドローで前半を折り返した。


迎えた後半。8分経過したところでついに均衡が破れる。中里(スポ3)のCKを児玉(スポ4)が中央で上げ、浮き球を伊藤(スポ3)がふわりとゴールに流し込んだ。(1-0)沸き上がる歓声に同志社が勢いづいたかと思われた。しかし後半12分、大院大の反撃を喰らう。相手CKからのセットプレーにより失点し、わずか4分で試合は振り出しに戻った。(1-1)


先制点を奪った伊藤


なんとしても追加点を得たい同志社は後半24分、岩岸(商2)・大雄(政策3)に代わり長坂(スポ2)・池平(商3)を投入。機転の効いたプレーをする2人を入れることで相手DFを混乱させる作戦だ。すると狙い通り、池平のスルーパスがきっかけとなり相手ゴールを脅やかすなど、少しずつ同志社が流れをつかみ始めた。そして後半35分、ついにその時が訪れる。戸坂(経1)がCKを上げると、中田(経2)がジャストミート。頭でしっかりと押し込み追加点を挙げた。(2-1) 今季初得点となった中田は、「決め切れてよかった」と得点シーンを振り返った。


追加点を挙げた中田


勝利まであと少し。その焦りが最大のピンチを生む。ロスタイム3分、左サイドから攻め込まれ、そのままボールはゴール前へ。最後の最後まで粘りを見せた大院大の力強いシュートが炸裂した。しかし、ゴールを守るのは守護神・西村(スポ4)。強烈なシュートを両手でしっかりと弾き返し同点弾を許さなかった。そして試合は終了。相手の猛攻から逃げ切り、有終の美を飾った。


「悔しい想い、苦しい想いをたくさんしてきた」(主将・児玉) 本当に苦しいシーズンだった。コロナ禍で十分な練習もできず、秋リーグ折り返しの時点で勝ち点は0。それでもなお、もがき続け、前を向いて歩み続けた。その結果、最終スコアは、4勝7敗。1部リーグで勝ち点12を得たことは同志社の歴史の中で大きな快挙となった。「後輩たちに残せるものは残せた」(児玉) 最後は2連勝で終え、未来に希望をつなぎ、笑顔で戦いの幕を閉じた。


児玉組、ありがとう。(文責:黒田千都世 写真:岩木博哉)


集合写真


【コメント】


・小川コーチ

ーーー今シーズンを振り返って

コロナで本当に大変な中やってきて、序盤もなかなか上手くいかず自分の力の足りなさを痛感してました。けれど、自分自身も固執せずにスタイルを変えながらやっていく中でで成長していって、それに選手も応えてくれました。あのまま貫いてたら良い意味の成長はあったかもしれないけれど結果はついてこなかったと思います。スタイルを変えることで成長もできて結果も出たからよかったです。半シーズンで勝ち点2桁は9年ぶりで、勝ちで終われることもずっとなかったので結果的にはいいシーズンだったんじゃないかな、と思います。

ーーー来シーズンに向けて

この代やから良かったとは言わせたくないですし、彼らが残してくれたものを保ちながら、もちろんパワーアップさせながら全国も目指すレベルに持っていきたいです。僕自身も選手との時間をしっかり作って向き合いながら成長していきたいなと思います。


・主将・児玉慎太郎

ーーー今シーズンを振り返って

コロナ期間もあって、どこのチームもそうなんですけど、思うようにいかない1年の中でした。6連敗もあって、悔しい想い、苦しい想い、たくさんしてきたけれど最後2連勝で勝ち、前向きな気持ちで卒業できるので、非常に嬉しいです。

ーーー4年間を振り返って

僕としてはこのチーム、全国大会全国優勝を掲げて入ってきた中で、その目標を達成することができずに失敗だったんですけど、非常に意味ある失敗だったと思うし、有意義な4年間にしてくれた仲間には感謝してます。

ーーー後輩に向けて

今日点決めたのも後輩やし、スタメンにはもちろんそうですけど、ベンチ・ベンチ外にもDチーム、Cチームにも非常に良い選手が揃ってるんで、チーム一丸となってやってくれれば、僕たちより遥かに超えるいい結果が出ると思います。僕たちの引き継げるとこは引き継いで、変えるべきところは変えてもらって、いい同志社を作ってくれたらなと思います。


・中野優太

ーーー今シーズンを振り返って

トータルで見ると、勝ち点を積めていたので同志社自信は成長していたと思います。けれど、僕的には怪我もしてしまって勝ち点を積みきれないことが多かったので悔しい1年間だったかなと思います。

ーーー4年間を振り返って

他の人が経験できないことを経験できたんじゃないかなと思いっていて、1年生の時から試合出させてもらって2部優勝も2回経験したのもありますし、怪我で出れないシーズンも多くあったんでそういったところを踏まえると、良いこともあったけれど辛いことも多かった4年間だったかなと思います。

ーーー後輩に向けて

1番は常に感謝の気持ちを持ってということ、サッカーができるのは当たり前じゃないことを念頭に置きながらやってほしいです。あとは今を生きること。将来何が起こるか分からないですし、僕みたいに怪我して引退試合出れなくなったとしても、それまでの過程でやり切ってきたら別に悔いは残らないと思いますし、それまでが大切だと思うので、1日1日を大事に生きてほしいです。人としてももっと成長してほしいなと思います。


・大雄一生

ーーー今シーズンを振り返って

京産のときに負けて、ラスト2試合スタイル変えるってなって、今まで積み重ねてきたもの、監督が繋いできたサッカーがなくなるから自分自身すごい苦しくて。すごい自分が落ち込んで、残り2試合モチベーションなかったんですけど、なんとかやって、結果的に言ったら残り2試合勝ったんで、これこそが自分たちの同志社の強みかなって思いました。つなぐサッカーも蹴るサッカーもできるってことが賢いサッカーやなって思って終わったっていうシーズンでした。

ーーー4年間を振り返って

2年の時に、お兄ちゃんがおって同志社で共演するっていうのが夢で、それ叶ったし、最後残留自動降格圏外やから、その点では良かったし、なんか残せたんちゃうかなと思います。

ーーー後輩に向けて

すごい苦しいことになるけど、頑張ってほしいってことだけ伝えときます。


・長谷川雄大

ーーー今シーズンを振り返って

序盤勝てなかったのが悔しくて試合数も半分になってしまってその中で結果を出せなかったのは結構厳しかったですけど、後半になってチームが上向いてきて波に乗ってきたところで終わってしまったんでもうちょっとやりたなったなという気持ちはあります。けれど、いいシーズンだったと思います。

ーーー4年間を振り返って

勉強とサッカーの両立が大変ですごく大変でした。プロを目指しながら、大学院を目指しながらっていうなかでしっかりとできたのが良かったのかなって思います。

ーーー後輩に向けて

今まで同志社は1部でやれないって言われてたけれどやれないわけがないと思うんで、ここから徐々に強くなっていって自分たちのスタイルを確立していってくれることに期待しています。なので後輩たちにはそういう思いを持って頑張ってもらえればなと思います。


・柴崎和三

ーーー今シーズンを振り返って

うちの代は色々あって難しかったんですけど、それでも4回生がチームのことだけではなく個人としてしっかりベクトル向けてやってきたおかげで勝ち点12取れたのでそこは評価に値するところだと思います。

ーーー4年間を振り返って

僕は1回生の頃からAチームに関わらせてもらったんですけど、年々同志社の看板を背負うじゃないですけど試合に出ていく重み、楽しさもあるんですけどそれと同時にプレッシャーもあって。それを持ちながらやれたってことは僕にとって大きな財産になったと思います。個人的には、監督含めヘッドコーチに熱いご支援や指導を頂いたので成長できた4年間だったと思います。

ーーー後輩に向けて

おこがましいですけど、僕は当たり前のことを当たり前にやってきた自信しかないですし、そこは僕の誇りでもあるんですけど、やっぱり関西1部で戦っていく中で、当たり前のことを当たり前にできることが最後の細かいところを分けてくると思うもで、モチベーションが上がらなかったり色々難しいところはあると思うんですけど、日常と向き合うことを意識してほしいです。


・西村紘一

ーーー今シーズンを振り返って

監督が去年変わって、サッカーもつなぐサッカーになって初めて1部ってとこで、自分らのサッカーが通用すると思ってたんですけど、やっぱり阪南戦までは全然通用しなくて、自分自身も失点を繰り返して、チームになにかもたらせられなかったんですけど、サッカー変わってからみんな一致団結して主体性持って、全員で勝ちをもぎ取るってことは阪南戦以降の試合はよかったんじゃないかと思います。

ーーー4年間を振り返って

同志社を強くしてほしいって言われて総監督に言われてこのチームを選んで、強くなったかはわからないですけど、自分自身やってきたことが間違いではなかったのかなって、今日の2本のセーブでふと思えた4年間だったかなと思います。

ーーー後輩に向けて

いい選手揃ってると思いますし、僕自身キーパーなんで、後輩のキーパーには、チームを救うセーブであったり、人間的にも何かもたらせられるものがあったらもたらせてほしいなって思いますし、同志社ってみんなまとまったら強いと思うんで、一致団結して頑張ってほしいなって思います。


・片山浩

ーーー今シーズンを振り返って

今シーズンはサッカーできなくて辛かったし、サッカーしたらしたで勝てなくて辛かったし、トータルしたら辛かったですけど、最後2連勝って形で終わったのは、終わり良ければ全てよしで、苦しんだ甲斐があったなと思います。

ーーー4年間を振り返って

あんま活躍したとかはなかったんですけど、ずっとAチームでやらしてもらって、応援される側に回って頑張るっていうのはすごいやりがいを感じました。

ーーー後輩に向けて

先週と今日もわかったように、同志社は勝たないと報われない。勝とうとする過程とか練習とかサッカーの練習の取り組みとかはちゃんとするけど、今まで結果がなかったっていうので、勝つことで全てが良く見えるというか、勝ったらそれが正解になるから、勝てばいいっていう考えになってほしい。勝ってほしい。


・早藤和輝

ーーー4年間を振り返って

Aチームに来れると思っていなかった。自分がここまで来れたのは仲間がいたからなので周りに感謝したいです。

ーーー後輩に向けて

とにかくサッカーを楽しんでほしい。大学生でほとんどの人が終わりなのでサッカー楽しんで悔いなく終わってくれればいいなと思います。


・飯田潤

ーーー4年間を振り返って

自分が最初に立てた試合出場という目標は果たせなかったんですけど、自分みたいなスポーツ推薦でもなく一般で入った人がここまでやれるっていうのは後輩たにち何か示たんじゃないかなって思います。

ーーー後輩に向けて

僕からそんな言えることはないんですけど、僕自信怪我も多くてサッカーできてる期間は長くはなかったんですけど、そんな奴でもどうにか続けてたらここまでなるよっていうのは伝えたいです。



同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について