同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 173点差をつけ完封勝利:ラグビー部
令和3年度関西学生バドミン...
令和3年度関西学生バドミン...
主将セレクション「フェンシ...
主将セレクション「ラグビー部」
開幕戦勝利ならず
快勝でリーグを折り返す
’21春 新入生歓迎号
ラグビー特集号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
173点差をつけ完封勝利:ラグビー部
2020/11/24 HEAD LINE NEWS

第92回 同京ラグビー定期戦 (2020年11月23日)

11月23日に、亀岡総合運動公園(京都府)にて行なわれた第92回定期戦、対京都大学。新型コロナウイルスの影響によって、予定されていた試合がことごとく中止になる中、無事京大との定期戦が開催された。同志社は前後半継続してトライを量産し、173-0で完封勝利を収めた。


冷たい風が吹く中、序盤から躍動した。前半1分、京大のノックオンによりスクラムを獲得する。CTB市川(法1)がボールを持ち出すと、左サイドへ展開し、最後はWTB南紀成(法4)がフィニッシュ(7-0)。開始早々のトライで、チームはこの流れに乗る。同4分には、自陣22mラインから展開し、WTB南紀成からWTB西口雄(法4)へボールが渡ると、最後はFL丸山(社4)がインゴール左隅にトライを決めた(14-0)。


インゴールへ駆けるWTB南紀成



序盤から京大に猛攻を仕掛けた同志社は前半を82-0で折り返すと、後半でも勢いそのままに得点を重ねる。


素早いパスワークで相手を翻弄(ほんろう)し、ディフェンスの隙をついて攻め込むシーンが多く見受けられた。SH木下(経4)が起点となってボールを前進させ、チャンスで確実に決め切る。後半14分には、京大のスクラムから同志社がボールを取り返すとSH木下が展開し、最後はFL小島(社2)がトライを決めた(124-0)。同志社はラストワンプレーまで気を緩めることなく、着実に点差を離し続ける。同40分、敵陣22mライン中央でのスクラムからFL大熊(商4)がボールを持ち出すと、SH新和田(社2)、CTB崔(グロ地4)へと順に展開してインゴール右隅にグラウンディング。173-0と大きく点差を突き放し、貴重な定期戦の機会で白星を飾った。


パスを出すSH木下



前に出るディフェンスで京大の攻撃を封じ込め、完封勝利を収めた。前半40分、同志社がスローフォワードの反則を犯し、自陣22mラインで京大にスクラムを獲得されてしまう。抜け出られてインゴールまで攻め込まれるかと思われたが、HO井本(法4)が逃さなかった。足元にしっかり狙いを定めたタックルで相手をなぎ倒し、ボールを奪い返す。LO依藤(心理4)にボールをつなげて左サイドに展開し、最後はCTB崔のトライにつなげた。


チャンスで決めきる得点力も素晴らしかった。BKで一際活躍が光ったSO嘉納(スポ1)はキックパスなどの多彩な攻撃で相手ディフェンスを翻弄(ほんろう)した。前半20分、NO.8大熊が相手のボールをジャッカルして、SH木下につなぐ。テンポの速いパスワークで敵陣深くに攻め込むと、最後はSO嘉納の相手の隙を突くキックパスからNo.8大熊がトライを決めた。また前半31分には、SO嘉納が敵陣15m付近でタックルを受けるも、PR六車(経4)へのオフロードパスで独走トライを演出。広い視野を生かしたゲームメイクで京大の防御網を突破し、チームの勝利に大きく貢献した。このような一年生の活躍により、チーム全体のモチベーションも上がっていくだろう。


一年生ながら躍動したSO嘉納



「試合数が少ないので、みんな大学選手権に向けてアピールできるようにっていうことを言っていました」(NO.8大熊・商4)。それぞれが最後まで集中力を切らすことなく、ひたむきに戦い抜いた結果が大量得点無失点につながった。今週末には関西王者を決める一戦が控える同志社。Jrの選手の躍動が、日本一を掲げるチームを下から押し上げる。【文責:小野真央、撮影:片淵千尋】


定期戦後の記念撮影



【スターティングメンバー】

1.六車 高寧(経4)

2.井本 智之(法4)

3.西口 聖一郎(スポ3)

4.依藤 隆史(心理3)

5.馬渡 仁之祐(スポ2)

6.小島 雅登(社2)

7.丸山 泰史(社4)

8.大熊 陽介(商4)

9.木下 空(経4)

10.嘉納 一(スポ1)

11.西口 雄翔( 4)

12.市川 亮太(法1)

13. 真(グロ地4)

14. 紀成(法4)

15.笠原 浩史(法2)


【試合結果】

同志社大学173-0京都大学


・前半82得点

1:南紀成トライ、ゴールK成功

4:丸山トライ、ゴールK成功

7:嘉納トライ、ゴールK成功

12:南紀成トライ、ゴールK不成功

15:笠原トライ、ゴールK成功

17:崔トライ、ゴールK成功

20:大熊トライ、ゴールK成功

24:西口聖トライ、ゴールK成功

28:西口聖トライ、ゴールK成功

31:六車トライ、ゴールK成功

36:井本トライ、ゴールK成功

40:西口雄トライ、ゴールK成功

・後半91得点

1:馬渡トライ、ゴールK成功

4:小島トライ、ゴールK成功

6:丸山トライ、ゴールK成功

8:井本トライ、ゴールK成功

11:福島トライ、ゴールK成功

14:小島トライ、ゴールK成功

16:新和田トライ、ゴールK成功

20:渡邊トライ、ゴールK成功

22:金谷トライ、ゴールK成功

29:栃岡トライ、ゴールK成功

31:嘉納トライ、ゴールK成功

36:南紀成トライ、ゴールK成功

40:崔トライ、ゴールK成功


◯選手コメント

ゲームキャプテン・NO.8大熊陽介(商4 )

ーー試合の総括

練習時間が非常に短い中でしたが、チームとしてハンドリングエラーのミスを少なくできたので良かったです。

ーー何が今日の得点差に結びついたと思うか

日頃の練習の成果が出たと思います。

ーーゲームキャプテンとして意識したこと

試合数が少ないので、みんな大学選手権に向けてアピールできるようにっていうことを言っていました。

ーー特に良かった選手について

3年の西口君です。彼の強みであるボールキャリーが存分に出せていたので良かったと思います。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について