同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 京大に惜敗で竹田組終幕:アメリカンフットボール部
アーチェリー部男子主将・田原大輝
友野 昨年同様6位で全日本終える
悔しさ残るSP7位スタート
下山遼恭・辻井玲希・吉野満
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年1月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
京大に惜敗で竹田組終幕:アメリカンフットボール部
2020/11/29 HEAD LINE NEWS

2020関西学生アメリカンフットボールリーグDiv1トーナメント (2020年11月29日)

11月29日、エキスポフラッシュフィールドで行われた2020年度関西学生アメリカンフットボールリーグDiv1トーナメント。同志社は京大に13-16と競り負け、今季を1勝2敗で終えた。



試合前に仲間たちへ声を掛ける主将・竹田(理工4)



序盤から拮抗した展開となった。最初のキックオフで京大にビッグリターンを許したが、ゴール前10㍎からの攻撃を富田(スポ3)や明石(商4)らDL陣の奮闘でFGに抑え込む。その後もLB安田(経4)率いる守備陣が好守を披露し、エンドゾーンを割らせない。対するオフェンスもパスとランを織り交ぜた攻撃で攻め込むと、K高本(法1)が冷静にFGを決め、3-3の同点で試合を折り返した。



相手QBのパスをカットしに行く竹田


タックルを試みるDB強力(政策2)



後半に入り互いにFGを1本ずつ成功させ、迎えた第4Q。試合は動いた。京大が自陣35ヤード付近からのオフェンスで着実に敵陣へ入ると、敵陣20㍎からスクリーンパスをヒットさせ、今試合で両者初となるTDを決めた。その後、同志社もルーキー泉(スポ1)の好リターンからつかんだチャンスでWR平船(商1)へのTDパスを決め、試合を振り出しに戻した。この時点で試合残り時間はおよそ1分。残る時間を耐え忍び、タイブレークへと持ち込むはずだった。



2度のFGを決めた高本


ボールキャリーするQB太田(GR3)



悪夢のような時間だった。京大QBがテンポよくパスを通し、攻撃権を更新していく。自陣への侵入を許すと、スクリーンパスで第1ダウンを獲得されゴールまで20㍎と迫り、後がない状況に。守備陣も強くプレッシャーをかけていったが、今試合で2度FGを決めてきた京大のキッキングチームには及ばなかった。約40㍎のFGを通され、試合終了。歓喜に沸く京大と、肩を落とす同志社という、対照的な終幕となった。


京大の試合巧者ぶりを発揮された。試合終盤の攻撃では、1分を切りながらも的確にパスを通しつつ時間を効果的に止めながら、ボールを前に進められた。FGの場面でも京大は重要な局面で3点を奪ったが、同志社は前半終了間際のキックを外していた。「本当に1プレーで勝負が決まるんだ」と竹田が振り返ったように、キック1本の差が試合の明暗を分けたのだ。



肩を落とす同志社守備陣



今試合をもって、4年生は引退。今季は新型コロナウイルスの影響でトーナメントでの開催となり、チームにとっては異例尽くしのシーズンだった。行われた試合も3試合のみ。そのような状況下でも昨季引き分けに甘んじた近大を撃破し、1TD差で敗れた京大と熱戦を演じた。ここ数年の中では好調ともいえる戦いぶりについて、主将は「後輩の力を借りて、成長することができた」と感謝。続けて「僕たち4年生の力ではここまでの景色しか見せられなかった。来年はより高みを目指して頑張ってほしい」と背中を押した。


明日からは新チームがスタートし、再び日本一に向けた挑戦が幕を開ける。この敗戦を糧に、さらなる躍進へ。味わった悔しさが、男たちをもっと強くしてくれる。【文責・上野孝輔、写真・中島右京】



◇得点経過◇

第1Q 同0-3京

第2Q 同3-0京

第3Q 同3-3京

第4Q 同7-10京

計 同13-16京

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について