同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 2部優勝に大手:陸上ホッケー部
アーチェリー部男子主将・田原大輝
友野 昨年同様6位で全日本終える
悔しさ残るSP7位スタート
下山遼恭・辻井玲希・吉野満
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年1月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
2部優勝に大手:陸上ホッケー部
2020/12/05 HEAD LINE NEWS

関西学生ホッケー秋季リーグ (2020年12月5日)

12月5日、関西ホッケー秋季リーグ戦順位決定戦がグリーンランド瑞穂ホッケー場(京都府)にて行われた。 大阪大相手に7-2で圧勝、開幕4連覇を飾った。

ここまで無失点で勝ち進んできた同志社であったが、試合開始わずか30秒で今季初の失点を許す。「気持ちが油断していたところがあった」と主将・岩本(スポ3) は振り返った。

立ち上がりが悪く、チーム全体の雰囲気も良くなかったと部員も振り返る。しかし、第2Qに主将の一打で同点にすると、これを機に勢いづく。その後も追加点を与え、3-1で前半を折り返す。


シュートを決め喜ぶ岩本


第3Qで相手に追加点を与えるも、同志社はPCのチャンスを上手く活かし相手に大差をつける。残り時間が短くなっても最後まで諦めない、同志社の粘り強さが感じ取れた。今回目立ったのは積極的な攻めの姿勢。練習の成果もあり、いつも通りのパス回しで相手を翻弄した。


果敢に攻める小島(スポ3)


前戦に続き2得点を決めた池田(スポ2)は「PCは狙い通り決めることが出来た。優勝を目指してやってきているので、明日もしっかり勝てるように頑張る」と意気込んだ。


ハイタッチを交わす大西(左・法3)と池田(右)


出だしこそ悪かったものの、見事な逆転劇を見せた同志社。「明日は4回生に笑顔を届けられるようにしたい」(岩本)。今季は残すところあと1試合、このチームで戦う最後の1戦だ。チームの集大成をみせ、悲願の2部優勝を果たしてほしい。(文責・伊藤千遥 写真・福田千乃)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について