同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 1点取り返せず惜敗【陸上ホッケー部女子】:陸上ホッケー部
アーチェリー部男子主将・田原大輝
友野 昨年同様6位で全日本終える
悔しさ残るSP7位スタート
下山遼恭・辻井玲希・吉野満
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年1月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
1点取り返せず惜敗【陸上ホッケー部女子】:陸上ホッケー部
2020/12/12 HEAD LINE NEWS

関西学生ホッケー秋季リーグ (2020年12月12日)

12月12日、立命館OICフィールド(大阪府)にて行われた関西学生ホッケー秋季リーグ順位決定予選において、同志社は関学大と対戦し0-1で敗れた。



主将の辰己(商3)



今季2度目となる関学大戦。9月28日のインカレ予選にて1-2で敗れた相手にリベンジを目指す一戦だった。


立ち上がりに不安が残った。堅守の同志社を見せられず、第1Q前半に3度のPCを与えてしまう。2度目のPCにてリバウンドをゴールされ先制点を献上。リバウンドの練習に力を入れてきたものの、実際の試合ではボールの動きを捉えるのが難しかった。



PCに挑む



続く第2、3Qでは互いにサークル内に侵入するものの得点には至らず。両者責めては守っての攻防戦が繰り広げられた。各Qに一度ずつPCを譲るが、どちらもディフェンスに成功し追加点を許さなかった。



ゴール際の攻防


ハーフタイム時に念入りに動きを確認する



第4Qは同志社が主導権を握る形で攻め込んだ。二谷(経4)や新宮(心理4)が相手サークル側へ斬り込む場面も見られ、5分にはPCを獲得。同点に追いつく好機を得る。しかし、シュートが決まらず、変わらず1点を追う展開が続いた。最後の1秒まで攻めの姿勢を貫いたが一歩及ばず、0-1で惜敗した。



PC前に気合を入れる



初回で譲った1点を取り返せなかった。勝利のためには「相手のペースに流されない」(辰己)、同志社リードの展開が序盤から必要とされる。



試合後、礼をする選手たち



順位決定予選の結果により、明日の7位決定戦で京大と対戦することが決定した。4年間の大学生活で陸上ホッケーに心血を注いできた4年生は、泣いても笑っても明日で最後。二谷はラストゲームに向けて「全員でできることを最大限に発揮したい」と意気込んだ。異例続きだった2020年を最高の形で締めくくるため、必勝を掲げて京大戦に挑む。(筆保杏優)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について