同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 神戸大に2連勝!:準硬式野球部
令和3年度関西学生バドミン...
令和3年度関西学生バドミン...
主将セレクション「卓球部男子」
主将セレクション「卓球部女子」
関西シングルス優勝!リーグ...
快勝で幕開け
’21春 新入生歓迎号
ラグビー特集号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
神戸大に2連勝!:準硬式野球部
2021/04/02 HEAD LINE NEWS
同志社000420201-----9
神戸大001001000-----2

令和3年度関西六大学準硬式野球連盟春季リーグ (2021年4月2日)

4月2日、わかさスタジアム京都にて令和3年度関西六大学準硬式野球連盟春季リーグ第3節対神戸大2回戦が行われた。同志社は9-2で勝利し、リーグ通算成績は5勝1敗となった。


昨日の7回コールド勝ちから一夜明け、チームは勢いに乗った状態で試合に臨んだ。

先発の濱が2回無失点に抑えると、3回からは今津がマウンドに上がる。今津は今日が今季初登板となった。



先発を務めた濱(スポ2)



今季初登板の今津(生命4)



「初登板っていう緊張はなかったんですけど、いい球が放れなかった」(今津)。先頭に左安打を浴びると、味方のエラーなどから先制点を献上する。その後は粘り強い投球で無失点に抑えたが、6回に再び2死一、三塁のピンチがおとずれる。「ストライク先行を意識して、打たれても野手が捕ってくれると思って割り切ってやった」(今津)。落ち着いて投げ最少失点に抑え、7回からは東山へとバトンタッチした。リーグ登板も3回目となる東山は、得意のストレートがうまく入らない中でも堂々とした投球を披露。相手に追加点を与えることなく、無失点で試合を締めくくった。



落ち着いた投球を見せた東山(経3)



投手陣の好投に応えるように、野手陣も得点を重ねた。先制点こそ挙げられなかったが、相手に先制を許した直後の4回には打線が爆発。前田の待望の大学初安打を皮切りに、続く和田(スポ4)、向久保(商2)も適時打を放ち一挙4点をあげた。自身の初安打に「素直に嬉しかった」(前田)と喜びをあらわにしつつも、応援し盛り上げてくれたチームメイトや、優しく声をかけてくれた主将和田のおかげだと感謝の言葉を口にした。その後も得点を積み重ね、9-2と大差をつけ白星を手にした。



喜ぶ前田(スポ4)



8回に代打で先頭打者安打を放った井筒一(スポ2)



次節の相手は、昨季王者で今季いまだ負けなしの関学大。「相手がどこであれ自分たちの野球をしたら勝てると思っているので、強い気持ちを持って臨みたい」(和田)。好調を維持する同志社にとって、1番の敵は自分たち自身。いかに集中し「自分たちの野球」を全うできるかが命運を握る。次節も勢いこのまま、昨季から大きく成長した和田組の強さを見せつけろ。(文貴・山口萌恵子、写真・松井麻衣)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について