同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 投打かみ合わず敗北:硬式野球部
令和3年度関西学生バドミン...
令和3年度関西学生バドミン...
主将セレクション「卓球部男子」
主将セレクション「卓球部女子」
関西シングルス優勝!リーグ...
快勝で幕開け
’21春 新入生歓迎号
ラグビー特集号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
投打かみ合わず敗北:硬式野球部
2021/04/04 HEAD LINE NEWS
同志社000000000-----0
関大10101020×-----5

関西学生野球連盟春季リーグ戦 (2021年4月4日)

4月4日、わかさスタジアム京都にて、関学生野球連盟春季リーグ戦対関大2回戦が行われた。勝ち点奪取に燃える同志社だったが先発髙橋恭(経4)が先制点を許すと、その後も悪い流れを変えることができず敗戦。今節の行方は3回戦までもつれ込むこととなった。


暗雲が垂れ込むなか行われた今試合。昨日投手七名をつぎ込んだ同志社は再びエースの髙橋恭にマウンドを託した。結果で応えたい髙橋恭だったが初回先頭打者を安打で出すと、得点圏に進められたところで三番野口(関大)に適時打を打たれ昨日同様初回に先制点を取られ追いかける展開となる。

エースを援護したい打撃陣は二回先頭の松井(スポ2)がフェンス上段に当たる三塁打でチャンスを作るも後続が打ち取られ無得点に終わる。



三塁打を放った松井



髙橋恭は三回に再び一点を失ったところで降板。2日連続エースが本来の実力を発揮すること無く終わった。


2試合連続の先発となった髙橋恭



その後は4人の投手を使い3失点とまずまずの内容で味方の援護を待った。

なんとか反撃の糸口をつかみたい打撃陣だが、相手投手のテンポの良い投球に苦しめられる。三回以降は二塁にすら踏ませない完璧な投球をされ完封敗け。0対5と投打共に反省の残る試合となった。



試合終了後下を向く杉森(法3)



チャンスで確実に得点を重ねる関大と簡単に打ち取られチャンスすらつくることのできなかった同志社。96球2安打完封負け、この結果が同志社打線がいかに淡白であったのかを物語っている。


試合後主将の城下(法4)は「どちらかというとやっぱピッチャーが良くてどうやったとか、バッターが良くてどうやったとかいうよりもやっぱ向かっていく気持ちが全員今日は足りなかった。失敗も出るしエラーも出るし凡打も出ると思うけどその中でチャレンジャーなんでどんだけ自分たちを出せるか」と振り返った。これで今節は1勝1負、今季の大本命といわれる関大との結末は明日へと持ち越された。初戦のように投打に渡ってつなぎの野球が見られるのか。今一度気を引き締め明日、全身全霊で勝ち点を奪いに行く。(文責:杉山友基 撮影:山口萌恵子、小澤菜穂、橋本純、杉山舞)


スタメン

(一)杉浦8

(二)今村5

(三)星加3

(四)松井9

(五)橋本7

(六)釜萢4

(七)久保田6

(八)長谷川2

(九)髙橋恭1


 


バッテリー


髙橋恭、遠藤、西村、安田、道端 -長谷川、星加

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について