同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 次への課題見つかる、インカレ入賞:アーチェリー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
次への課題見つかる、インカレ入賞:アーチェリー部
2012/10/01 HEAD LINE NEWS

全日本学生アーチェリー個人選手権大会 (2012年9月14日)

9月13日・14日に埼玉県はらっぱーく宮代で行われた全日本学生アーチェリー個人選手権大会。13日に行われた予選トーナメントで昨年の優勝者・佐藤(スポ2)が思うように力を発揮できず予選トーナメント敗退。足立(商4)、井戸本(スポ3)、遊佐(スポ2)が決勝トーナメントに勝ち進み、井戸本が全国6位、足立が全国8位に入賞した。

 

 

1回戦から井戸本と遊佐が当たるという厳しい展開に。「遊佐と当たったけど、攻めて自信を持っていこうと思った」(井戸本)。お互いに高得点を射抜き、接戦を繰り広げる。攻める井戸本に対し、「トーナメントになるリズムよく射てない」(遊佐)。遊佐も攻めるものの、自分の理想とするテンポで矢を放つことができない。最後まで攻めていくと意気込んでいた井戸本が6‐5で試合を制し、2回戦へコマを進めた。

 

 

真剣な眼差しで矢を放つ井戸本

 

 

2回戦、長崎国際大の永峰を攻めていこうと心に決めていたものの、思うように攻めることができない。永峰の猛攻に井戸本も奮闘するが、点数が伸びず「1回戦より攻めが足りなかった」(井戸本)。3‐7で2回戦敗退。全国6位に入賞したものの、悔しい結果となった。

 

 

また、4年生で学生最後のインカレに挑んだ足立。予選トーナメントから「感覚は良くて、調子も良かった」(足立)。決勝トーナメント、1回戦は安定した行射で日体大の西野に6‐4で勝利したものの、「メンタルの波が激しい。点を落としてしまった」(足立)。メンタル面が影響し、点数が伸びない。そして、2回戦。近大の加藤相手に攻めの行射をするが、「つめが甘かった」(足立)。最後まで点数がついてこず、近大に2‐6で敗退。学生ラストのインカレターゲットは全国8位という結果で幕を閉じた。

 

 

仲間の声援に笑顔の足立

 

 

昨年、同志社から優勝者が出ていたため今大会は悔しい結果となった。しかし、インカレは来年6月の王座への通過点にすぎない。負けはしたものの、選手たちは前を向いていた。「トーナメントでリズムよく射つことが目標」(遊佐)。「最近点数が上がってきている。それをキープしつつ、タイミングよく射ちたい」(井戸本)。今大会で見つかった課題を克服し、メンタル・技術のステップアップにつなげたい。再び学生王座の頂点へ――。彼女たちの成長に注目だ。(高田 瞳)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について