同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 近大に大敗……運命の入替戦へ:アメリカンフットボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
近大に大敗……運命の入替戦へ:アメリカンフットボール部
2012/11/25 HEAD LINE NEWS

関西学生リーグ (2012年11月24日)

11月24日、EXPO FLASH FIELD(大阪府)にて行われた関西学生リーグ第7節対近大DEVILS戦。同志社は0-48で敗れ、0勝7敗の最下位でリーグの全日程を終了。12月9日の入替戦での2部王者の大教大と対戦する。

 

 

長丁場のリーグ戦もいよいよ最終戦。この試合に勝てば抽選の結果次第で入替戦を回避できるということもあり、残された可能性を信じて近大に挑んだ。しかし、試合開始早々に守備の要LB糸井(経3)を負傷で失う不吉なスタート。1Q3分には近大QB龍野のハンドオフフェイクに反応できずTDを献上、先制を許してしまう(0-7)。その後も龍野の機動力を生かしたQBキープに苦しんだ同志社。1Q11分にもFGで追加点を奪われると(0-10)、攻撃ではパスプロテクションがもたず、QB中沖(商3)が被サック。ロスタックルを浴びることが多く、パントシリーズが続く。その一方で、2Q2分には近大にワイルドキャットフォーメーションから一気に59ydsを走られTD(0-17)。LB良川(政策2)のファンブルリカバーや、DB川口(商4)の好タックルなど守りからモメンタムを引き寄せようと奮闘するも、後が続かず攻撃陣は沈黙。前半終了間際にもFGでさらに点差を広げられてしまった(0-20)。

 

 

同志社はランで攻めるも有効打は出せなかった

 


後半、同志社も得意のランで反撃に出る。RB斎藤(スポ4)を軸に連続で1stダウンを更新。しかし、逆に3Q4分には再び瀧野のランでエンドゾーン手前まで迫られると、ダイブで飛び込まれTD献上(0-27)。その後も同志社は逆転を目指し、斎藤、植田(経3)らRB陣をローテーションし、ゲインを重ねていく。それでも決め手を欠きTD獲得には至らず、攻撃権は近大へ。迎えた最終Q。4Q5分にはまたしても瀧野のQBキープでTDを奪われる(0-34)。一矢報いたい同志社であったが、攻撃をけん引してきた中沖がまさかの負傷をしてしまう。代わりに入った土屋(商3)も2プレーで負傷交代。序盤から故障者が続出し、満心創痍の同志社。QBにはルーキー酒谷(経1)が座った。しかし4Q9分にもTDランを許すと、その直後。酒谷の放ったパスをインターセプトされそのままTD(0-48)。終盤は戦列に戻った中沖が何度もロングパスを試みるも、こくごとく相手DBに防がれ試合終了。今季最多失点を喫し、悔しい最終戦となってしまった。

 

 

DB川口の気迫のタックル

 


3年連続で入替戦に回った同志社。運命の一戦の相手は、関西最高クラスのQB吉村を擁し、昨年の入替戦で同志社を試合終了直前まで苦しめた大教大DRAGONSだ。しかし、「なんとしても負けるわけにはいかない。後輩たちを2部で戦わせる訳にはいかない」(RB中島主将・文情4)。シーズンを笑顔で締めくくるべく、後輩たちにたすきをつなぐべく、総力戦で昇り竜を迎え撃つ。(佐藤弘毅)

 

 

 

1Q 0-10

2Q 0-10

3Q 0-7

4Q 0-21

TS 0-48

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について