同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 残り30秒の悲劇……14年ぶりの2部降格:アメリカンフットボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
残り30秒の悲劇……14年ぶりの2部降格:アメリカンフットボール部
2012/12/14 HEAD LINE NEWS

関西学生リーグ (2012年12月9日)

12月9日、王子スタジアム(兵庫県)にて行われた関西学生リーグ入替戦対大教大DRAGONS。同志社は接戦の末7-10で敗れ、1998年以来14年ぶりの2部降格となった。


1部残留のために負けることが許されない一戦。迎えるは昨年の入替戦と同じ相手である大教大。最後の最後まで苦しめられ、なんとか薄氷の勝利を収めた因縁の相手との再戦が幕を開けた。

 

序盤はランプレーでゲインを重ねる同志社が優位に試合を進める。1Q11分にはレッドゾーンまで進め、FGを狙うも失敗。それでもDB北村(商2)やDB良川(政策2)のインターセプトも飛び出し、攻守一体感のある試合運びを展開。ベンチからの熱い声援も選手の背中を押し、モメンタムを掌握する。パスでも、QB中沖(商3)からWR新宅(スポ4)へのホットラインで再びFG圏内に侵入。しかし、ここも相手DBにキックをチャージされ、再びFG失敗に終わってしまう。二度も絶好の得点の機会も作りながらも、前半の内に先制点を挙げることはできなかった。

 

 

闘志あふれるプレーでチームをけん引してきたRB中島主将(文情4)

 

 

この日もWR新宅はロングパスのターゲットとしてキレのある動きを見せた

 


後半は一転、2部を席巻した大教大オフェンスが牙を剥く。大教大QB吉村のフェイクを多用したプレーに苦戦を強いられる同志社。3Q9分にはピッチパスから左オープンを走られ、先制TDを奪われてしまう(0-7)。相手にリードを許したまま迎えた運命の最終Q。同志社は必死の攻めを見せるが、初の1部昇格を目指す大教大の守りも固く、時計の針ばかりが進んでいく。それでも同志社は諦めない。4Q10分、DB鄭(経2)のインターセプトで攻撃権を奪うと、負傷の中沖に代わったQB永井(経3)が奮起。ゴール1ydsまで迫ると、最後はRB三上(商4)が体ごエンドゾーンに押し込み同点に(7-7)。残り時間も少なくなり、このままタイブレークかと思われた。しかし残り時間30秒、相手にFGを決められ、再び大教大にリードを奪われる(7-10)。歓喜に湧く大教大スタンド。逆転を狙うには残された時間はあまりに少なすぎた。そして無常にも試合終了の合図が告げられ、同志社の14年ぶりの2部降格が決定した。

 


同点TDを決め喜ぶRB三上(右)

 

 

スローガンに『下剋上』を掲げた今季。しかし、シーズンを終えて2部降格という逆の結果に終わってしまった。「申し訳ないという気持ちしかない」(中島主将)。しかし、戦う舞台は変わっても、WILDROVERの系譜はこれからも受け継がれていく。「1年で1部に戻れるかどうかで同志社が未来は変わる。ゼロからのスタートで新しいチーム作りを進めていかなければ」(茨木HC)。中島組の気持ちは後輩たちに受け継がれた。再び1部の座に舞い戻り、今年成し得なかった下剋上を果たした時、同志社はさらに強くなる。(佐藤弘毅)

 

 

 

1Q 0-0

2Q 0-0

3Q 0-7

4Q 7-3

TS7-10

 

 

この悔しさは決して忘れない

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について